がん検診

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1016755  更新日 令和3年4月13日

印刷 大きな文字で印刷

ひのった健康NOTEは、日野市健康課公認キャラクター「ひのった」達が「ベリーさん」に健康に関する話を教えてもらうページです。

ひのったの妹ひのみ
がん検診は、なんで定期的受ける必要があるんですか?

ベリーさん
「がん」は、最初から腫瘍のように大きさがあるわけではないからです。
一つのがん細胞が分裂して、何年もかけて大きくなるんですよ。

ひのみ
なるほど。
つまり、がん細胞のかたまりが、小さすぎれば見つけられないし、大きくなりすぎたら、治療が大変になってしまうということですね。
それなら、頻繁に検査を受けた方がいいのかな?

ベリーさん
いえ、検査によっては身体に負担があるので、過剰に受ける必要はありません。
でも、定期的な確認は重要です。
市のがん検診は、特にかかりやすくなる年齢から受診できるようになりますよ。

ひのみ
かかりやすい年齢も、がんの種類で少しづつ違うのかぁ。
私は20歳代なので…子宮頸がんにかかりやすい年代だ!
子宮頸がん検診は、20歳から受けられるようになるし、これは受けた方がよさそうですね。
でも、感染症等が流行っていると、受診するのが少し心配になります。

ベリーさん
長く検診(健診)を控えたせいで、病気が悪化したり、発見時に治療が難しくなってしまう可能性もありますよ。

ひのみ
たしかにそうですね。
健康診断やがん検診等、健康のために必要なものは、感染予防を心がけながら受診したいと思います!


今回のまとめ

(1)がん検診は、受けられる年齢になったら定期的に受診しましょう!
(2)必要な検診(健診)は、感染予防を行いながら受けましょう。

イラスト:女性の健康

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康課
直通電話:042-581-4111
ファクス:042-583-2400
〒191-0011
東京都日野市日野本町1丁目6番地の2 生活保健センター
健康福祉部健康課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。