光回線サービスの電話勧誘トラブルにご注意!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1003275  更新日 令和2年3月15日

印刷 大きな文字で印刷

2015年よりNTT東日本、西日本が光回線サービスの卸売りを開始し、それに伴い様々な卸売り事業者(以下「光コラボ事業者」という。)が参入し、独自のサービスを組み合わせて、様々な料金や契約形態で光回線を販売しています。

光電話とはインターネットの光回線を利用した電話です。電話をかける頻度が多く、遠距離に電話をすることが多い人は、電話代を節約することができますが、固定電話をあまり利用しない人やインターネットをしない人にとっては、メリットはありません。

事例1

電話料金が今より安くなると電話があり、契約中の電話会社からのプラン変更の勧誘かと思い申し込んだ。

届いた契約書を見たら別の光回線業者との三年契約で、中途解約には三万円かかることがわかった。

インターネットも利用しておらず解約をしたい。

事例2

高齢の父が、電話勧誘で光電話の契約を一年間に三回もして、解約をしていた。

解約違約金やオプションのサポート料金の請求をされ納得いかない。

アドバイス

光コラボ事業者との契約はNTT東日本、西日本との契約ではありません。「安くなる」と説明されても、他のオプション契約とセットの場合、今の料金より高くなることがあります。

口頭の説明だけで契約内容を理解することは困難です。必要がない場合はきっぱりと断りましょう。

コラボ光は、電気通信事業法の解約ルールである「初期契約解除制度」の対象です。解約をしたいと思ったら、すぐに事業者に申し出ましょう。

心配な時は消費生活センターに相談をしてください。

日野市消費生活センター

電話番号:042-581-3556

月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く) 午前9時30分から正午、午後1時から午後4時

※障害等により電話及び面接でのご相談が難しい方は、地域協働課のメール(ckyodo@city.hino.lg.jp)、またはファクス(042-581-4221)までお問い合わせください。

消費者ホットライン

電話番号:188(イヤヤ!)

消費者庁イラスト集より
(消費者庁イラスト集より)

このページに関するお問い合わせ

企画部 地域協働課
直通電話:042-581-4112
ファクス:042-581-4221
〒191-0011
東京都日野市日野本町1丁目6番地の2 生活保健センター
企画部地域協働課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。