「消費者被害を解決する」とうたう探偵業者に関するトラブルに注意!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1003278  更新日 令和2年1月6日

印刷 大きな文字で印刷

事例

アダルトサイトの無料動画を見るつもりで年齢確認をクリックしたところ、登録完了になり登録料の請求画面が表示された。

「ワンクリック請求を解決します」とネットに広告していた探偵業者へ依頼したが、不安になった。

対策

探偵業者には「返金請求」や「解約交渉」を行う権限は与えられていません。被害回復には弁護士などの資格が必要です。

この事例の場合、料金を支払う前であり法律で定められている書面交付や重要事項の説明も受けていなかったため、まだ契約は成立していない事を伝え、探偵業者に調査依頼はしないと申し出るように助言しました。

簡単に被害を回復できると思わせるような探偵業者の広告や説明をうのみにせず、冷静に判断しましょう。
アダルトサイトの登録料など、身に覚えのないサイト利用料の請求に関しては、探偵業者に依頼する前に消費生活センターにご相談ください。

ワンクリック請求などの被害に遭わないためのアドバイス

  • 慌てて支払いをせずに様子を見ましょう
  • 利用した事実がなければ業者に連絡をせず、関わらないようにしましょう
  • 何度もメールや電話が来る場合は受信拒否機能の設定、アドレスや電話番号の変更で対応しましょう

問い合わせ先

日野市消費生活センター(電話:042-581-3556 午前9時30分から正午、午後1時から午後4時 ※土曜・日曜日、祝日を除く)

※障害等により電話及び面接でのご相談が難しい方は、地域協働課のメール(ckyodo@city.hino.lg.jp)、またはファクス(042-581-4221)までお問い合わせください。

消費者ホットライン 電話:188(イヤヤ!)

このページに関するお問い合わせ

企画部 地域協働課
直通電話:042-581-4112
ファクス:042-581-4221
〒191-0011
東京都日野市日野本町1丁目6番地の2 生活保健センター
企画部地域協働課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。