「お試し」「初回限定○○円、○日間解約保証」のサプリメントが定期購入だった!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1014618  更新日 令和2年8月7日

印刷 大きな文字で印刷

「お試し」「初回限定」「モニター」などとうたう動画サイトやSNS(*)上の広告をきっかけとしたトラブルが増えています。

*SNS(ソーシャルネットワーキングサービス):インターネットを介して人と人との交流を手助けするサービスの総称で、「情報の発信・共有・拡散」といった機能に重きを置いているのが特徴。主なSNSにはツイッター、LINE、インスタグラム、フェイスブックなどがある。

事例1

スマートフォンの無料動画サイトに「お試し500円」のダイエットサプリメントの広告が表示されていた。500円で試せるならと申込み、数日後に商品が届いた。コンビニエンスストアで支払いを済ませたが、その後2回目の商品が届き定期購入と分かった。解約を申し出たら、5回の定期購入契約なので解約できないと言われた。

事例2

スマートフォンでSNS上の広告に「初回300円、30日間解約保証」と表示されていた筋肉増強サプリメントを注文した。効果を感じられなかったので解約保証期間内に解約を申し出たが、何回かけても電話が繋がらない。ようやく繋がったが、解約するためには通常価格9,980円の支払いが必要で、差額9,680円を支払うように言われた。

アドバイス

  • 「お試し」「初回限定」などの言葉を使い、数百円で購入できる金額を提示している商品は、定期購入契約である場合が多く、2回目以降は数千円から1万円以上となります。2回目以降の解約を申し出ると、初回分を定価で購入するよう求められるケースも多くみられます。無料や格安の金額だからと、すぐに購入ボタンを押すのではなく、「定期購入」になっていないか必ず確認しましょう。
  • 解約の条件が「初回の商品到着から数日以内に申請しなければならない」「『電話での解約しか認めない』としておきながら電話が繋がらない」など、なかなか解約できないといった相談も多く寄せられています。解約・返品条件等の契約内容を確認しましょう。
  • おかしいなと思った時や困った時は、消費生活センターに相談しましょう。

健康食品・サプリメントのイラスト

 (消費者庁イラスト集より)

日野市消費生活センター

電話番号:042-581-3556

月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く) 午前9時30分から正午、午後1時から午後4時

※障害などにより電話および面接でのご相談が難しい方は、地域協働課のお問い合わせ専用フォーム、またはファクス(042-581-4221)でお問い合わせください。

消費者ホットライン

電話番号:188(イヤヤ!)

このページに関するお問い合わせ

企画部 地域協働課
直通電話:042-581-4112
ファクス:042-581-4221
〒191-0011
東京都日野市日野本町1丁目6番地の2 生活保健センター
企画部地域協働課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。