「もしものとき」について話し合おう(人生会議)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1018434  更新日 令和4年5月23日

印刷 大きな文字で印刷

人生会議・ACPとは?

人生会議ロゴマーク

自分が病気になったり、介護が必要になったりしたときに、「自分はどう生きたいか」をあらかじめ考え、家族や大切な人、医療・介護ケアチームと繰り返し話し合い、自分の思いを共有することを、アドバンス・ケア・プランニング(Advance Care Planning)、略してACPといいます。愛称として「人生会議」と呼びます。環境や体調の変化により、繰り返して話し合いを行うプロセスでもあります。

人生会議(ACP)の進め方

ACPを進めるにあたって、下記のステップ行ってみましょう。時間の経過とともに意思は変化することがあるので、誕生日や一年の始まりなど、定期的にこのステップを行いあなたの思いを家族や大切な人、医師などにしっかり伝えておきましょう。 

  1. あなたが大切にしていることは何ですか?
  2. あなたが信頼できる人は誰ですか?
  3. 信頼できる人や医療・ケアチームと話し合いましたか?
  4. 話し合いの結果を大切な人たちに伝えて共有しましたか?
  5. 心身の状態に応じて意思は変化することがあるため何度でも繰り返し考え話し合いましょう

※考えても結論が出ない…それでも大丈夫です。考えることに意味があり、結論をすぐに出す必要はありません。一回考えて終わりではなく、次に考えたらきちんと結論が出るかもしれません。繰り返しこのステップを回すことが大事です。

エンディングノートを作成しました!

エンディングノート、ACPの違いって何?

エンディングノート

人生の最期を迎えるための準備として、自分の老後や亡くなったときに備え、お葬式やお墓、遺言、相続などの事柄に関する希望を書き留め、残しておくためのノートのことを指します。

ACP

「自分が大切にしていることは何か」「自分はどう生きたいか」など、自分の価値観や生き方、これからの過ごし方のほか、最期が近づいてきたときの医療や介護のことなどを含めて、自ら考え、家族や大切な人と繰り返し話し合うプロセスのことを指します。

ご自身、ご家族、大切な人などの最期を考える際に、必要に応じたものを選んでお使いください。

日野市「わたしの思いをつなぐエンディングノート(令和4年度)」

画像:日野市 わたしの思いをつなぐエンディングノート

日野市版エンディングノートを作成しました。

内容としては、財産や葬儀のことに加えて、ACPサイクルに取り組みやすくなるような、ご自身が今後受けたい医療・ケアについて記載するページもございます。

ご自身、またはご家族にもしものことがあったときのために備えて、記録しておきましょう。

また、このノートに書いたことを元に、ご家族やかかりつけ医など周囲の人と話し、ノートの保管場所を知らせておきましょう。

「わたしの思いをつなぐエンディングノート」は在宅療養支援課、市民相談窓口(市役所1階)、市関係機関等で配布しています。

また、下記のリンクよりダウンロードと閲覧が可能です。

東京都「わたしの思い手帳」

東京都発行のACP普及啓発小冊子がダウンロードできます。ACPについて興味を持った方は、是非ご覧ください。

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のホームページ(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 在宅療養支援課
直通電話:042-514-8189
ファクス:042-514-8097
〒191-0016
東京都日野市神明1丁目11番地の12 日野神明郵便局2階
健康福祉部在宅療養支援課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。