情報公開制度と個人情報保護制度

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1001479  更新日 令和3年5月18日

印刷 大きな文字で印刷

市では、昭和62年4月から「情報公開制度」を、平成10年4月から「個人情報保護制度」を実施しています。

市民の知る権利を保障するための「情報公開制度」と、プライバシーを保護するための「個人情報保護制度」について、紹介します。

情報公開制度

市内在住か否かを問わず、どなたでも、市が持っている情報の閲覧や視聴、写しの交付を求めること(行政情報公開請求)ができます。個人情報などの例外を除き、公開が原則です。

請求場所は、情報公開窓口(市役所1階市民相談窓口内)または総務課(市役所4階)です。公開したい情報を事前に特定できていると、スムーズに公開請求が行えます。

必要なものは、特にありません。

情報公開請求は、郵送、ファクス、電子申請でも受付けます。

個人情報保護制度

プライバシー保護のため、市に個人情報の適正な取り扱いを義務付け、また本人には市が持っている自己情報の開示や訂正、利用中止、消去等を求める権利を保障する制度です。

保有個人情報開示等請求ができる場所は、情報公開窓口(市役所1階市民相談窓口内)または総務課(市役所4階)です。開示等を行いたい情報が事前に特定できていると、スムーズに開示請求を行えます。

必要なものは、本人であることを証明するもの(運転免許証、健康保険証等)です。また、保有個人情報訂正請求の場合には、情報の誤りを証明するものも必要です。

保有個人情報開示等請求は、原則窓口での受付のみとなっています。

情報公開等の決定と方法

条例で定められている期限内に公開・非公開等を決定し、請求者に文書で通知します。公開の場合は、指定された日時に行政情報の閲覧や視聴、写しの交付を行います。

不服申立制度

情報公開請求等に対する市の決定に不服がある場合には、市に対して不服申立てができます。申立てを受けた市は、情報公開・個人情報保護審査会に諮問し、その答申を尊重して最終決定をします。

日野市情報公開・個人情報保護及び行政不服に関する審査会

情報公開請求等に係る審査請求について、市からの諮問を受けて審査する第三者的機関で、平成28年度からは、行政不服審査法に基づく行政不服審査会としての役割も担うことになりました。審査会は市長が委嘱した7人の委員で構成されます。審査会が行った答申内容については、「行政不服審査裁決・答申検索データベース」で検索・閲覧することができます。

情報公開・個人情報保護運営審議会

情報公開・個人情報保護の制度が適正に運営されているかをチェックするために設けられた審議機関です。8人の委員で構成され、うち2人が市民公募の委員です。 個人情報の取り扱いについての諮問のほか、コンピューターネットワークの管理運営に関する重要事項等も審議します。

国の行政機関、独立行政法人等の情報公開・個人情報の総合案内

国の情報公開制度や個人情報保護制度のしくみ、開示の手続きで分からないことがありましたら、東京行政評価事務所 情報公開・個人情報保護総合案内所まで、お気軽にお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 総務課
直通電話:総務係 042-514-8128 契約係 042-514-8132
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-581-2516
〒191-8686
東京都日野市神明1丁目12番地の1 日野市役所4階
総務部総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。