インフルエンザについて

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1015949  更新日 令和5年1月11日

印刷 大きな文字で印刷

インフルエンザは、冬季に流行し、市民の健康に対して大きな影響を与えている感染症の一つです。また、近年、学校や高齢者施設における集団感染、高齢者の死亡等の問題が指摘され、その発生の予防とまん延の防止が重要です。新型コロナウイルス感染症が発生している中で、インフルエンザの流行期を迎えるにあたり、ご家庭や職場などにおいて、ご協力いただきますようお願いいたします。

インフルエンザが流行シーズンに入りました。

都内のインフルエンザ定点医療機関からの第50週(12月12日から12月18日)の患者報告数が、流行開始の目安となる定点当たり1.0人を超えました。
インフルエンザは例年12月から3月にかけて流行します。3年ぶりの流行シーズン入りとなり、今後本格的なインフルエンザの流行が懸念されるため、注意が必要です。
インフルエンザにかからない、感染を広げないために、ワクチン接種が大切です。また、こまめな手洗い、必要な場面でのマスクの着用等の基本的な感染防止対策を一人ひとりが心がけてください。
さらに、今年は新型コロナウイルス感染症との同時流行にも注意が必要です。インフルエンザと新型コロナウイルス感染症は、基本的な感染防止対策は同じですので、対策の徹底をお願いします。

東京都の感染状況

東京都の感染状況につきましては以下のリンクをご覧ください。

インフルエンザウイルスと新型コロナウイルスの同時検査キットにおける注意点

新型コロナウイルス感染症及び季節性インフルエンザ同時期流行下に係る医療ひっ迫を避けるための特例的な対応として、医療用同時検査キットを薬局において販売されております。

ただし、インフルエンザウイルス感染において、発病初期はウイルス量が少なく偽陰性になる可能性が比較的高いため、結果が陰性であったとしてもインフルエンザを否定するものではありません。検査キットを使用し、結果が陰性であっても症状が強く出ている場合は医療機関への受診をお勧めいたします。

インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。インフルエンザの感染経路は、飛沫感染と接触感染があります。感染をすると、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では二次性の肺炎を伴う等、重症になることがあります。新型コロナウイルス感染症と症状が似ており、臨床症状での判別は困難であると言われています。

 

インフルエンザ対策のポイント

インフルエンザに対する感染予防の方法は、新型コロナウイルス感染症に対しても有効です。以下のポイントに気を付け、感染を予防しましょう。

  • こまめな手洗い、手指の消毒を心がけましょう。
  • 会話をするときや、室内において会話がなくても距離が取れないときはマスクを着用しましょう。
  • 三密(密閉空間・密集場所・密接場面)を避けましょう。
  • 室内は適度な湿度を保ちましょう。
  • 十分な休養とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めましょう。

 

みんなでインフルエンザを予防しましょう。

インフルエンザにかかった場合について

 一般的に、インフルエンザ発症前日から発症後3~7日間は鼻やのどからウイルスを排出するといわれています。そのためにウイルスを排出している間は、外出を控える必要があります。
 排出されるウイルス量は解熱とともに減少しますが、解熱後もウイルスを排出するといわれています。排出期間の長さには個人差がありますが、咳やくしゃみ等の症状が続いている場合には、不織布製マスクを着用する等、周りの方へうつさないよう配慮しましょう。
 現在、学校保健安全法(昭和33年法律第56号)では「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」をインフルエンザによる出席停止期間としています(ただし、病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めたときは、この限りではありません)。

小児のインフルエンザについて

小児の季節性インフルエンザ対策についてのお知らせです。この冬、インフルエンザにかからないためにできることは予防接種と基本的な感染対策です。適度な湿度の保持、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取、なども効果的です。

インフルエンザ予防接種について

予防接種については以下のリンクをご参照ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康課
直通電話:042-581-4111
ファクス:042-583-2400
〒191-0011
東京都日野市日野本町1丁目6番地の2 生活保健センター
健康福祉部健康課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。