まちを変える!旅が変わる!ロケ地から選ぶ映画・ドラマ大賞「第13回ロケーションジャパン大賞」に日野市のノミネートが決定しました!(令和4年11月2日プレスリリース)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1022430  更新日 令和4年11月2日

印刷 大きな文字で印刷

 “ロケ地でもっと、ワクワクする旅!” を合言葉に、国内の映画・ドラマの舞台、ロケ地を応援する雑誌「ロケーションジャパン」(発行:株式会社地域活性プランニング/発行人:藤崎慎一/編集長:山田実希/奇数月15日発売/定価500円/発行部数35,000部)では、2022年にコロナ禍の中でも地域を盛り上げた作品とその地域を顕彰する「ロケーションジャパン大賞」のノミネート地域・作品を決定いたしました。
 その中で、日野市でロケが行われた『妻、小学生になる。』と『PLAN75』がノミネートされました。

【「第13回ロケーションジャパン大賞」概要】

主催

ロケーションジャパン編集部

ノミネート条件

  • 2021年11月1日~2022年10月31日に公開、放送された映画・ドラマ・アニメ作品
  • 一般支持の高かった作品とロケ地
  • 地域の変化が見られた作品とロケ地
  • ロケ受け入れに対し、組織的な対応ができている地域 ※左記の効果が出ていた作品と地域を、編集部調べで選出。
  • ノミネート発表:11月1日(火曜日)情報解禁

選考基準

下記4つの指標をもとにポイント化して算出

  1. 支持率…約3,000名を対象にした一般投票結果による。
  2. ロケ地行楽度…作品の世界観が楽しめるか
    (ロケ地マップの有無、語り部がいる、ツアーの有無 ほか)
  3. 撮影サポート…地元のロケ協力度、住民の理解
    (ロケ支援組織の有無、撮影リピーターの有無、撮影窓口の一本化、ロケに対する住民の理解度 ほか)
    ※第5回大賞までの旧名称:ロケ支援度
  4. 地域の変化…観光客の増加、経済効果、CM換算効果
    (作品による経済効果、作品にまつわる商品の誕生、エキストラの登録状況、メディアへの露出 ほか) 

結果公表(予定)

2023年2月16日(木曜日)一般・マスコミ発表

授賞式(予定)

2023年2月16日(木曜日) リーガロイヤルホテル東京(東京都新宿区)

誌面掲載

(ノミネート発表)『ロケーションジャパン』2月号(2023年1月14日発売)特集内

(大賞発表)『ロケーションジャパン』4月号(2023年3月15日発売)特集内

このページに関するお問い合わせ

産業スポーツ部 産業振興課
直通電話:商工係 042-514-8437 ものづくり推進係 042-514-8442 観光係 042-514-8461
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-581-2516
〒191-8686
東京都日野市神明1丁目12番地の1 日野市役所3階
産業スポーツ部産業振興課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。