公金支出差止等請求事件の判決について(北川原公園予定地ごみ搬入路整備に関する住民訴訟)(令和3年12月15日プレスリリース)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1018650  更新日 令和3年12月28日

印刷 大きな文字で印刷

 北川原公園予定地内にごみ収集車の専用路を整備することは違法であるとして、日野市長の職にある個人(大坪冬彦氏)への賠償請求を求めた住民訴訟の控訴審判決で、東京高等裁判所は令和3年12月15日、日野市長の個人責任を認め約2億5千万円の賠償責任を認めた一審東京地方裁判所判決を支持し、被告日野市長の控訴を棄却しました。

市長コメント

 本日(12月15日)、東京高等裁判所から公金支出差止等請求事件(北川原公園予定地ごみ搬入路整備に関する住民訴訟)の判決が言い渡されました。
 主張が認められず残念です。判決文の内容を精査の上、今後の対応を検討してまいりたいと考えております。

日野市長 大坪 冬彦

このページに関するお問い合わせ

環境共生部 施設課
直通電話:042-581-0444
ファクス:042-586-6606
〒191-0021
石田1丁目210番地の2 クリーンセンター
環境共生部施設課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。