地域の文化財を面でとらえるふるさと文化財課

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1017942  更新日 令和3年8月27日

印刷 大きな文字で印刷

令和3年4月1日からふるさと文化財課が設置されました

地域の魅力を伝える展示・イベントを続々開催!

令和3年4月1日に、日野市郷土資料館・生涯学習課文化財係・新選組のふるさと歴史館が統合し、新たに「ふるさと文化財課」が設置されました。

課名の「文化財」とは、指定文化財だけでなく、日野市の歴史・文化・自然などの理解に欠かすことのできないあらゆる事物を指しています。これまで個別に「点」で捉えていた文化財を、分野や時代を超えた多角的な視点から「面」として把握し、地域の魅力を明らかにしていきます。

なお、ふるさと文化財課は教育部(教育委員会)と産業スポーツ部(市長部局)の両方に所属しています。これは市民、学校、事業者、行政といった幅広いネットワークの中に位置付けることで、文化財を保護し、学校教育、生涯学習、地域活性化などさまざまな場面で文化財を活かすためです。

文化財に関連した業務はこれまでも市民の皆様の様々なお力添えに支えられてきましたが、地域の文化財を大切にし、それらを活かした魅力ある日野市を築けるよう、一層のご理解とご協力をお願いいたします。

このページに関するお問い合わせ

産業スポーツ部 ふるさと文化財課
直通電話:042-583-5100
ファクス:042-584-5224
〒191-0016
東京都日野市神明4丁目16番地の1
産業スポーツ部ふるさと文化財課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。