土砂災害に備えましょう

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1002444  更新日 平成30年2月27日

印刷 大きな文字で印刷

近年、大雨や台風によって,日本各地で土砂災害が発生し、多くの被害が発生しています。お住まいの周辺環境を今一度確認し、土砂災害に備えてください。

【土砂災害とは】

土砂災害は「土石流」「地すべり」「がけ崩れ」の3つに分けられ、それぞれについて被害の恐れのある箇所を「土石流危険箇所」「地すべり危険箇所」「急傾斜地崩壊危険箇所」と呼んでいます。
土砂災害には前兆があるといわれています。以下のような現象を見たり聞いたりしたら注意してください。

  • 異様な山鳴りがする
  • 急に川が濁り、流木が混ざる
  • 雨が続いているのに川の水位が下がる
  • 崖に割れ目が見える
  • 崖や斜面から水が湧き出したり噴き出したりしている
  • 崖から小石がパラパラと落ちる

【市内の状況】

東京都では、土砂災害危険個所を中心に順次実地調査を行っています。日野市においては、この調査が平成27年・28年度に行われ、平成29年末に調査結果が公表される予定となっています。
但し、当市に先立って実地調査を完了している八王子市との行政界付近の一部が「土砂災害警戒区域」及び「土砂災害特別警戒区域」に指定されています。(平成28年3月)
また市内には72箇所の急傾斜地崩壊危険箇所があります。

詳しい区域等についてのお問い合わせは東京都建設局へお願いします。

このページに関するお問い合わせ

総務部 防災安全課
直通電話:防災係 042-514-8962 安全安心係 042-514-8963
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-587-5666
〒191-0016
東京都日野市神明1丁目11番地の16 防災情報センター1階
総務部防災安全課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。