カミングアウトとアウティング

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1020083  更新日 令和4年7月12日

印刷 大きな文字で印刷

性の多様性について、広く皆様に知っていただくコラム、第3回はカミングアウトとアウティングについてです。

カミングアウトとアウティング

カミングアウトとは

自身の性のあり方について、自発的に他人に明らかにすることを言います。

カミングアウトは義務ではなく、する必要を自分が感じた時にできるタイミングでできる相手にするものです。

アウティングとは

他人の性のあり方を、本人の承諾を得ないまま、第三者に明かすことを言います。

カミングアウトをされたとしても、「誰にでも話していい」というフリーパスではありません。

 

過去には、アウティングをされた当事者が心身に支障をきたし、転落事故死するという事件もありました。

また、良かれと思った行動が、アウティングにつながることもあります。カミングアウトを受けた場合は、対応を考えるためにも、「誰に」「どこまで」話してよいか本人への確認が重要になります。

このページに関するお問い合わせ

企画部 平和と人権課
男女平等ダイバーシティ推進係・平和と多文化共生係

直通電話:042-584-2733
ファクス:042-584-2748
〒191-0062
東京都日野市多摩平2丁目9番地 男女平等推進センター
企画部平和と人権課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。