日野市ボランティア

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1014983  更新日 令和3年4月23日

印刷 大きな文字で印刷

応援手ぬぐい発表写真

東京2020オリンピック・パラリンピック日野市ボランティアユニフォームデザインが決定!

ボランティアユニフォームの写真
聖火リレー沿道ボランティアのユニフォーム

令和3年3月31日(水曜日)七生公会堂で行われたウクライナ文化交流イベントにて、日野市ボランティアユニフォームデザインを発表しました。

これらのユニフォームは明星大学デザイン学部の学生が、日野市、在日ウクライナ大使館と連携し14カ月の歳月をかけて完成させたデザインです。

このユニフォームを身につけて、日野市ボランティアの皆さん(聖火リレー・沿道ボランティア、ウクライナ代表応援ボランティア、聖火リレーサポートランナー)などに活躍していただきます。

ユニフォームは令和3年6月に行う予定の日野市ボランティア研修時にお渡しします。

ボランティアユニフォームの写真
ウクライナ代表応援ボランティアのユニフォーム
ボランティアユニフォームの写真
聖火リレーサポートランナーのユニフォーム

日野市ボランティアユニフォーム発表の写真

日野市ボランティアユニフォーム発表の写真

日野市ボランティアユニフォーム発表の写真

東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた日野市ボランティア募集を再開します(令和2年12月)

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会「日野市ボランティア」募集

東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた日野市ボランティア募集を再開します。

これまで約220人の方に応募いただいています。

引き続き多くの皆さまの力が必要となりますので、ぜひご応募をお待ちしています。

※なお、既に延期決定前に応募され、ボランティア登録を済まされた方は、今回改めてご応募いただく必要はありません。

活動期間:令和3年7月10日(土曜日)から9月5日(日曜日)(予定)

活動日数:1日あたり3から5時間程度(休憩含む)

主な活動内容(予定)

  1. オリンピック・パラリンピック聖火リレーの沿道ボランティア
  2. ウクライナ空手選手団の事前キャンプボランティア
  3. ウクライナ空手チームとパラバドミントン山崎悠麻選手の市民応援団による応援など。

活動例:聖火リレー沿道周辺の観衆の整理など3から4時間程度(予定)

応募資格:健康に自信のある高校生から74歳までの方

活動条件:交通費、食事代自己負担。活動における報酬はありません。(Tシャツ・帽子・PR品など支給、ボランティア保険加入)

募集人数:400人程度

応募締切:随時募集中 ※定員に達し次第お知らせします

応募方法:申込書(市HPよりダウンロード又は市役所4階企画経営課にあり)を記入の上郵送又はファクス又はメール(kikaku@city.hino.lg.jp)

申込・問い合わせ:企画経営課(電話 042-514-8083 ファクス 042-581-2516)

【令和2年2月から3月までの取組み】

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のホームページ(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

企画部 企画経営課 東京2020オリンピック・パラリンピック担当
直通電話:042-514-8083
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-581-2516
〒191-8686東京都日野市神明1丁目12番地の1 日野市役所4階
企画部企画経営課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。