建築物に附属するブロック塀等の安全対策について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1020533  更新日 令和4年8月30日

印刷 大きな文字で印刷

 地震による塀の倒壊は、死傷者を生じさせるおそれがあるばかりではなく、地震後の避難や救助・消火活動にも支障をきたすおそれがあり、その安全対策は極めて重要です。平成30年の大阪府北部地震においては、ブロック塀等が倒壊し2名の方が犠牲となりました。建築基準法令では、建築物の附属する塀について、構造安全に係る基準を定めておりますが、基準不適合のブロック塀等の倒壊による被害を防ぐため、令和3年12月に耐震改修促進法に基づく基本方針が改正されました。
 

このページに関するお問い合わせ

まちづくり部 建築指導課
直通電話:042-587-6211
ファクス:042-587-6228
〒191-0016
東京都日野市神明2丁目12番地の3
まちづくり部建築指導課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。