瓦屋根の強風対策について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1016589  更新日 令和4年8月30日

印刷 大きな文字で印刷

瓦屋根の強風対策について

近年の台風被害を踏まえて、令和4年1月1日より、新築時の全ての建築物の瓦屋根の留め付け基準が強化されました。

令和4年1月1日以降に新築等される場合は、この基準に適合させる必要があります。

既存住宅・建築物につきましても、屋根の耐風性能が十分でないおそれのある住宅・建築物は強風時に周囲の建築物に被害を及ぼすおそれがあるため、改修等のご検討をお願いいたします。

新たな基準の概要は以下のパンフレットでご確認いただけます。

詳細は国土交通省ホームページでご覧いただけます。

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のホームページ(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり部 建築指導課
直通電話:042-587-6211
ファクス:042-587-6228
〒191-0016
東京都日野市神明2丁目12番地の3
まちづくり部建築指導課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。