日野第七小学校で「夢 未来プロジェクト 自分にチャレンジ 」車イスバスケットボール(平成29年9月11日プレスリリース)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1001497  更新日 平成30年4月3日

印刷 大きな文字で印刷

9月15日(金曜)の学校公開時、リオパラリンピック代表・土子大輔選手による講演及び体験教室を行います。
七小は、東京オリンピック・パラリンピック教育「夢☆未来プロジェクト」自分にチャレンジプログラム実施校に選ばれました。
自分にチャレンジプログラムは障害者理解促進のため、パラリンピアンを派遣し、パラリンピック競技等に関する講演や障害者スポーツの体験教室を実施する東京都の事業です。
本校では、パラリンピック競技等障害者スポーツへの興味・関心、障害のある人への理解を深めることをねらいとして行います。また、学校公開で行うことにより保護者や地域の方々に広く知っていただけることを願っています。
2校時に映像を使った講演会、3・4校時は体験教室を行います。また、今回は、七生特別支援学校の高学年部(5・6年)の児童も参加して、講演会・体験教室での交流も行います。4年生は今後、総合的な学習の時間で、障害者理解のための学習を行っていきます。

1.日時

9月15日(金曜)2校時(午前9時30分から午前10時15分)全校、3校時(午前10時40分から午前11時25分)4年 4校時(午前11時30分から午後0時15分)5年

2.会場

日野市立日野第七小学校体育館 (日野市神明3-2)

3.講師

パラリンピックアスリート・土子大輔選手

4.対象

日野市立日野第七小学校 ・七生特別支援学校

5.申し込み

学校公開につき、当日2階玄関で受付を行います。

このページに関するお問い合わせ

教育部 学校課
直通電話:学務係 042-514-8719 教職員係 042-514-8723 指導係 042-514-8728 保健給食係 042-514-8749
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-583-9684
〒191-8686
東京都日野市神明1丁目12番地の1 日野市役所5階
教育部学校課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。