未来を創る力を育む 日野市GIGAスクール構想

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1015771  更新日 令和3年11月16日

印刷 大きな文字で印刷

令和3年4月に、小学2年生以上の児童・生徒約1万2千人に1人1台の学習用端末を教室に配置しました。これは文部科学省が全国で進めているGIGAスクール構想によるものです。また、すべての小・中学校に高速大容量通信ネットワークと、各教室には充電保管庫を整備しております。子どもたちが教室で端末を用いて授業で活用できるようになりました。

令和時代のスタンダードとして、これまでの教育実践と最先端のICTを組み合わせ、一人ひとりに最もふさわしい教育の実現を図ります。子どもたちが新しい技術に触れ、国際的に活躍できる人材を育成します。加えて、不登校の子どもたちの学びにもこの端末を活用していきます。

GIGAスクール構想について

GIGAスクール構想とは、

Global and Innovation Gateway for ALL の略で、

1人1台端末と高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備することで多様な子どもたちを誰一人取り残すことなく、個別最適化され、資質・能力が一層確実に育成できる教育ICT環境を実現する政策です。

下のサムネイルをクリックすると、教育委員会が作成したGIGAスクール構想のホームページに移行します。

利用する端末について

日野市では、Chromebook(クロームブック)を配置します。

Chromebook(クロームブック)はGoogleの「Chrome OS」を搭載した端末です。

  • 起動が早く、動作が快適
  • セキュリティが強固

以上のような、教育機関での利用に適した特徴があります。

 

上からの写真です
液晶が11.6インチのノート型パソコンになります。(約30cm×約20cm)
開いた際の写真
液晶はタッチスクリーン機能を搭載しております。
コンパーチブル型の写真
天板は360°回転が可能です。

このページに関するお問い合わせ

教育部 ICT活用教育推進室
直通電話:042-514-8799
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-583-9684
〒191-8686
東京都日野市神明1丁目12番地の1 日野市役所5階
教育部ICT活用教育推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。