フッ素について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1018562  更新日 令和4年6月24日

印刷 大きな文字で印刷

フッ素とは?

歯のイラスト

フッ素は歯を強くし、むし歯菌の活動を抑える働きがあります。
乳歯の生え始めから使用することができ、早い時期から継続して活用することがむし歯予防に効果的です。
ただし、フッ素は100パーセントむし歯を予防できるものではありません。
むし歯予防には、仕上げみがきや正しい食生活が何よりも大切です!

フッ素入り歯磨き剤

色々な種類のフッ素入りの歯みがき剤が販売されています。
うがいができるようになったら使用できるものや、うがいができなくても使用できるスプレータイプや泡状のもの等があります。
お子さんの成長に合わせて、活用してみてください。

歯科医院でのフッ素塗布

フッ素は、歯みがき剤の使用だけではなく、歯科医院で定期的に塗布することも効果的です。
かかりつけ歯科医を作り、定期健診と併せてフッ素を塗布することでむし歯予防につながります。

参考資料

下記の各ホームページに、お子さまのお口に関する情報が掲載されています。
参考にご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康課
直通電話:042-581-4111
ファクス:042-583-2400
〒191-0011
東京都日野市日野本町1丁目6番地の2 生活保健センター
健康福祉部健康課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。