多摩地域最古のビール「TOYODA BEER」間もなく年内最後の出荷開始(平成27年12月4日プレスリリース)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1001639  更新日 平成30年4月3日

印刷 大きな文字で印刷

明治19年から27年ごろまで日野市豊田で製造されていた多摩地域最古のビール「TOYODA BEER」は、産・官・農・金の連携体であるプロジェクトにより、平成27年7月26日に約130年の刻を超えて復刻しました。

当時の醸造方法である独逸醸造法(ラガービール)によって製造されたTOYODA BEERは、4種類の麦芽を使用して旨味を引き出し、併せて一部ローストした麦芽も使用することで深いコクと香味も生み出しています。

発売当初より大変ご好評をいただいており、各取扱店で売り切れ続出となっていますが、このたび年内最後の製造分がおいしく出来上がり、約9,000本を12月7日・21日の2回に分けて順次出荷します。

現在TOYODA BEERは、市内約20店舗を始め、近隣の大型小売店などでも取り扱っています。入荷店舗などの情報は公式ホームページでご案内しています。

このページに関するお問い合わせ

産業スポーツ部 産業振興課
直通電話:商工係 042-514-8437 ものづくり推進係 042-514-8442 観光係 042-514-8461
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-581-2516
〒191-8686
東京都日野市神明1丁目12番地の1 日野市役所3階
産業スポーツ部産業振興課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。