障害者総合支援法とは

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1003687  更新日 平成30年3月14日

印刷 大きな文字で印刷

平成25年4月に障害者総合支援法が施行されました。
「地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律」が平成25年4月(一部は平成26年4月)から施行され、「障害者自立支援法」が「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)」となりました。

主な改正点

平成25年4月から、制度の谷間のない支援を提供する観点から、障害者(児)の定義に新たに政令で定める難病等が追加されました。難病患者等で、疾状の変動などにより、身体障害者手帳の取得ができないが、一定の障害がある方々が障害福祉サービス等の対象となりました。
なお、平成26年4月からは、障害支援区分の創設、ケアホームのグループホームへの一元化などが実施されました。

法律の概要等

厚生労働省ホームページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 障害福祉課
直通電話:福祉係 042-514-8485 援護係 042-514-8489 差別解消推進係 042-514-8991
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-583-0294
〒191-8686
東京都日野市神明1丁目12番地の1 日野市役所1階
健康福祉部障害福祉課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。