ごみ処理手数料減免制度

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1002923  更新日 平成30年2月27日

印刷 大きな文字で印刷

  • 次に該当する世帯に対しては、申請に基づき、指定収集袋の無料交付と粗大ごみ処理手数料の減免があります。
    1. 生活保護世帯
    2. 児童扶養手当受給世帯
    3. 特別児童扶養手当受給世帯
    4. 老齢福祉年金受給世帯(改正前の国民年金法によるもの)
    5. 母子福祉年金又は準母子福祉年金受給世帯(改正前の国民年金法によるもの)
    6. 市長が特別な理由があると認めた世帯
  • 対象者からの申請に基づき、市から指定収集袋引換券を郵送します。資格継続の世帯については、4月と10月の下旬に指定収集袋引換券を郵送します。
  • 粗大ごみ処理手数料の減免は、その都度、申請書と受給証明書のコピーを提出してください。減免が承認されましたら、収集業者から収集日をお知らせします。
  • 「し尿くみとり」「動物死体処理」も、減免対象です。 詳しくはお問い合わせを。

このページに関するお問い合わせ

環境共生部 ごみゼロ推進課
直通電話:042-581-0444
ファクス:042-586-6606
〒191-0021
石田1丁目210番地の2 クリーンセンター
環境共生部ごみゼロ推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。