日野市クリーンセンター 不燃ごみ処理施設

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1002974  更新日 平成30年2月27日

印刷 大きな文字で印刷

不燃ごみ処理施設の外観の写真

不燃ごみ処理施設では、市民から出された不燃ごみを破砕処理したあと、ごみの分別化によってできるだけ再資源化し、埋立て地の延命を図るよう運転しています。

施設概要

施設名称:日野市クリーンセンター 不燃ごみ処理施設
処理能力:5時間当たり50トン
着工:昭和54年8月
竣工:昭和55年3月

不燃ごみ処理フロー図

不燃ごみ処理の流れを表した図

設備概要

ごみ計量棟

ごみ計量棟の外観の写真

ごみを収集してきたトラックの重量を量ります。

マルチロードセル式 秤量30トン

プラットホーム

プラットホームの写真

ごみの重さを量った後、ごみピットへごみを投入します。

ごみピット

ごみピットの写真

搬入されたごみを貯留します。

容量 360立法メートル

ごみ投入クレーン・供給コンベア

ごみ投入クレーン・供給コンベアの写真

ごみピットのごみを撹拌しながら、クレーンで少しづつ供給コンベアに投入します。

ごみクレーン 手動式 0.5トン

破砕機(はさいき)(内部)

破砕機内部の様子の写真

鉄のハンマーを高速回転させ、不燃ごみを破砕します。

磁選機(じせんき)

磁選機の写真

破砕された不燃ごみから、磁石で鉄を取り除きます。

選別スクリーン(外観)

選別スクリーンの外観の写真

鉄を取り除いた不燃ごみを、不燃物(瓦礫)、アルミ、可燃物に分けます。

アルミ選別機

アルミ選別機の写真

選別スクリーンで分けられたアルミを、アルミ選別機で純度を高めます。

貯留(ちょうりゅう)バンカ

貯留バンカの写真

選別された不燃ごみを、鉄・不燃物(瓦礫)・アルミのそれぞれのバンカに貯留し、トラックで搬出します。

このページに関するお問い合わせ

環境共生部 施設課
直通電話:042-581-0444
ファクス:042-586-6606
〒191-0021
石田1丁目210番地の2 クリーンセンター
環境共生部施設課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。