高齢者肺炎球菌予防接種

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1007616  更新日 平成30年4月1日

印刷 大きな文字で印刷

平成26年10月1日から高齢者の肺炎球菌ワクチン接種が定期(法定)の予防接種になりました。平成26年度から5年を経過措置期間とし、5歳刻みの年齢で定期の対象者となります。対象となる方には個別に予診票を送付します。

また60歳以上65歳未満の方で、心臓、じん臓または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方およびヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方で、日野市に住民登録のある方(身体障害者手帳1級の提示または診断書の提出が必要です)も対象となります。

実施期間

平成30年4月1日(日曜)から平成31年3月31日(日曜)まで

平成30年度定期(法定)接種対象者

接種日当日に日野市に住民登録のある方で、これまでに一度も高齢者肺炎球菌の予防接種を受けていない方で次のいずれかに該当する方

  1. 平成30年4月2日から平成31年4月1日に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる誕生日を迎える方
  2. 60歳以上65歳未満で、心臓、じん臓または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方およびヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方で、日野市に住民登録のある方(身体障害者手帳1級の提示または診断書の提出が必要です) 

※市から4月中に個別に通知を送付します。通知に同封されている予診票と健康保険証を持参し実施医療機関で接種してください。 

任意接種対象者(希望者に助成します)

接種日当日に日野市に住民登録のある方でこれまでに一度も高齢者肺炎球菌の予防接種を受けていない方で昭和28年4月1日以前の誕生日の方で平成29年度の定期接種対象者ではない方

申し込み方法

平成31年2月28日(必着)までに往復はがきで(1人1通)。
往信用裏面に次の項目を返信用表面に住所、氏名を記入。

  1. 肺炎球菌ワクチン希望
  2. 氏名(ふりがな)
  3. 生年月日
  4. 住所
  5. 電話番号

※助成券となる返信はがきは随時発送します(発送は1カ月に2度程度を予定しております。お急ぎの場合はお問い合わせください)。

送付先

郵便番号191-0011 日野市日野本町1の6の2生活・保健センター内健康課

自己負担額

4,200円 

※接種当日、医療機関でお支払いください。生活保護受給者及び中国残留邦人等の方で支援給付を受けている方は無料となります。生活保護受給証明書または支援給付証明書を医療機関に提出してください。

接種回数

1回

注意

  1. 検温は各医療機関で実施 
  2. 原則、本人の意思が確認できない場合は接種できません。
  3. 高齢者肺炎球菌ワクチン接種は定期接種と任意接種があり、万が一健康被害が生じた場合は定期接種は予防接種法により救済され、任意接種は予防接種法の救済の対象外になりますが、日野市で加入している予防接種事故賠償保険及び医薬品医療機器総合機構法に基づく副作用救済給付の適応になります。
  4. 今年度予防接種を受けますと、来年度以降定期接種を受けることはできません。

予防接種実施医療機関

予約が必要な場合がありますので、事前に医療機関にお問い合わせください。

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のホームページ(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康課
直通電話:042-581-4111
ファクス:042-583-2400
〒191-0011
東京都日野市日野本町1丁目6番地の2 生活保健センター
健康福祉部健康課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。