日本赤十字社東京都支部日野市地区事務局のご案内

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1003800  更新日 令和2年5月11日

印刷 大きな文字で印刷

日本赤十字社とは

 日本赤十字社は、日本赤十字社法に基づき設置された民間団体(認可法人)で世界各国にある赤十字社のひとつです。中立の立場で人道的使命を果たすことを目的に幅広い活動をしています。

 日本赤十字社は、東京に本社をおき、全国47都道府県にある支部、病院、血液センターなどを拠点に、国内外の災害救護、赤十字病院の運営、献血(血液)事業、社会福祉施設の運営、救急法等の講習、赤十字ボランティアの育成などの事業など幅広い分野で活動しています。

 支部の組織として、各市区町村に地区を置いており、地区長は市区町村長が担うこととされています。日本赤十字社東京都支部日野市地区の実務を担当する事務局は、市役所の福祉政策課内に設置されています。

日本赤十字社の主な活動

国内災害救護

 地震・台風・豪雨などの災害が発生したときの医療救護活動や、救援物資の配布などの被災者への支援活動を行っています。

 日本赤十字社東京都支部日野市地区では、災害に遭われた方に対して救援物資(毛布・バスタオル・安眠セットなど)を配布しています。

災害救援物資の配付基準(日本赤十字社東京都支部)

毛布は、世帯員1名につき1枚

バスタオルは、世帯員1名につき1枚

安眠セットは、世帯員1名につき1セット

災害救援物資配備の考え方(日本赤十字社東京都支部)

 東京都支部管内において発生した自然災害や爆発事故等の人為的災害により被害を受けた住民の方々に対し、配布基準に基づき災害救援物資を配布しております。災害発生後に東京都支部(新宿区)等から配布いたしますが、大規模災害時には迅速な配布は困難と予測されることから、事前に地区に保管配備しています。但し、全ての地区のご要望に応えられる在庫は保有していないため、物資の数量によっては複数年度に跨る可能性があります。

災害救援物資(毛布)

写真:災害救援物資(毛布)

運搬などを考慮して真空パックしてあり、開封してから5分程度でフカフカの状態になります。

災害救援物資(バスタオル)

写真:災害救援物資(バスタオル)

プレス加工を施し、圧縮してあるバスタオルです。手でほぐすか、または水等に浸けて戻してから使用します。

災害救援物資(安眠セット)

写真:災害救援物資(安眠セット)

被災にあわれ、避難所、集会所等で生活することを余儀なくされた場合、必要になるものを収納してあります。

内容品

  1. キャンピングマット
  2. 空気枕
  3. 枕カバー
  4. スリッパ
  5. 耳栓
  6. アイマスク
  7. くつ下
  8. 外袋

その他の活動

 救急法等の講習、血液事業、赤十字病院の運営、国際活動などさまざまな活動を行っております。

赤十字奉仕団

 赤十字奉仕団は、赤十字の博愛人道の精神に基づき、明るく住みよい社会づくりのために奉仕することを目的とした団体です。日野市赤十字奉仕団は、市内7分団で活動しています。

 活動内容は赤十字思想の普及啓発活動で、具体的には、献血の呼びかけ、産業まつりや歳末たすけあいバザーでのキャンペーン活動、総合防災訓練での炊き出し訓練のほか、赤十字活動資金募集、赤い羽根共同募金の街頭募金を行っています。

 団員は随時募集していますので、ご興味のある方はお問い合わせください。

赤十字活動資金の募集

 日本赤十字社の活動は、皆さんの善意と協力で成り立っています。

 日本赤十字社は、赤十字の理念や活動に賛同し加入された会員の皆さんから納付された活動資金(会費や寄付金など)や、個人・法人・団体などから寄せられる寄附金で、災害救護などのさまざまな活動を続けています。

 「会員」とは、日本赤十字社の理念と活動にご賛同いただき、年額2,000円以上の会費にご協力いただき、会員となる意思表示をされた方のことです。

 「協力会員」とは、目安として500円以上の寄付金のご協力をいただいた幅広い支援者の方のことです。

 日本赤十字社東京都支部日野市地区に配備されている救援物資(毛布・安眠セット)も、日本赤十字社東京都支部への活動資金(会費や寄付金など)を財源として購入しております。

 日本赤十字社東京都支部日野市地区では、毎年活動資金(会費や寄付金など)の受付をしております。毎年5月から2月の間に、自治会にご協力いただいての募集、市役所及び七生支所窓口での受付、チャリティーボックスを設置しての募金などを行っております。

赤十字活動資金の振込み等によるご協力をお願いします

 市では年間を通じてのご協力がお願いできるように、また、市役所に来庁しなくても済むよう、お住まいの近くの郵便局や銀行での振込みを推奨しております。法人や団体だけでなく、個人の方や自治会の方も、ぜひ振込みをご利用ください。

郵便局での活動資金の振込み方法

 日本赤十字社東京都支部の下記口座へ直接振込むことができます。

 郵便局にある振込用紙(郵便振替払込書)を使って、郵便局窓口でのお手続きをされた場合は、送金手数料は免除されます。ATM機(現金自動預け払い機)等をご利用の場合は、送金手数料をご負担いただきます。

口座名義:日本赤十字社東京都支部

口座番号:00160-4-132621

 領収書の発行は、窓口で渡される払込金受領書をもって、日本赤十字社東京都支部の領収書に代えさせていただきます。

 払込金受領書は、免税受領書として使用可能ですが、免税証明となる領収書が必要な場合や、ATM機等をご利用いただいて払込金受領書がない場合は、振込用紙(払込取扱票)の通信欄に「受領書希望」とお書きいただくか、日本赤十字社東京都支部振興課(電話03-5273-6743)までご連絡ください。その際、お名前(名義)、ご住所(ご送付先)、お電話番号、ご寄付いただいた日にち、及び金額をお知らせください。

 「専用振込用紙」の送付をご希望の場合は、お手数ですが、日本赤十字社東京都支部振興課(電話03-5273-6743)までご請求ください。

詳しくは、日本赤十字社東京都支部ホームページのトップページ右側メニュー「寄附する」から入り、「郵便局・銀行窓口でのご協力」をご覧ください。

クレジットカードでのご協力

 お手持ちのクレジットカードや銀行や郵便局での口座振替によるご協力もご用意しています。各ご協力による手数料はかかりません。

 日本赤十字社本社ホームページのトップページの「寄付する」から入り、「赤十字活動への寄付」(クレジットカード)から手続きできます。2,000円以上の自由な金額で、毎月・毎年・今回のみのご協力からお選びいただけます。

口座振替によるご協力

 日本赤十字社本社ホームページのトップページの「寄付する」から入り、「口座振替による継続的な寄付」から「会員加入申込書」により手続きできます。2,000円以上千円単位の金額で、毎月・年1回のご協力からお選びいただけます。

税制上の優遇措置(寄附金税額控除)についてのご案内

 ゆうちょ銀行の振込用紙の半券、その他金融機関の振込時の利用明細票、インターネットバンキング確認画面を印刷したものは、受領証の代わりとして税申告時にお使いいただくことも可能です。

 代用できる利用明細書は、(1)寄付者名、(2)寄付日、(3)寄付金額、(4)寄付先である日本赤十字社の口座番号が明らかになっているものに限られます。

 必要書類の詳細は、申告手続きをされる管轄の税務署にご確認いただけますようお願いいたします。なお、日野市民の方は、日野税務署(電話042-585-5661)にお問い合わせ願います。

 市民の方が日本赤十字社東京都支部に対して一定額以上の赤十字活動資金への寄付を行った場合は、次の通り税制上の優遇措置が受けられます。詳細は日本赤十字社東京都支部のホームページを確認してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 福祉政策課
直通電話:地域福祉係 042-514-8467 指導検査係 042-514-8974 福祉オンブズパーソン 042-514-8469
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-583-4198
〒191-8686
東京都日野市神明1丁目12番地の1 日野市役所2階
健康福祉部福祉政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。