TOYODA BEERがインターナショナル・ビアカップ2020、ジャパン・グレートビア・アワーズ2021の各審査会で銀賞を受賞

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1010223  更新日 令和3年3月16日

印刷 大きな文字で印刷

インターナショナル・ビアカップ2020で銀賞を受賞

IBC2020銀賞受賞

インターナショナルビアカップとは?

世界で3番目の歴史を持つビール審査会。
主催はInternational Craft Beer Days実行委員会(共催 日本地ビール協会)。
出品ビール合計数 602銘柄(うち海外 98銘柄)。
審査は「ケグ」部門、「ボトル(瓶)」部門、それぞれ120のスタイルで実施。審査要素は、「外観」「アロマ」「ボディ」「全体印象」、また、国際標準化されている「スタイルガイドライン」に基づき審査。審査員は、様々な審査員経験者が務める。

TOYODABEERの銀賞受賞について

「インターナショナル・ビアカップ2020」では、TOYODABEERが「ケグ部門(生ビール)」の「German-Style Märzen or Franconian-Style Rotbier」スタイルで『銀賞』を受賞いたしました。

今回、同部門・同スタイルでの金賞は該当がなかったため、同じカテゴリーでは最高の評価をいただいております。

TOYODABEERは「インターナショナル・ビアカップ2018」でもボトル部門で金賞を受賞しており、今回の受賞により瓶ビール・生ビールともに世界的な高評価をいただいたことになります。

(参考)各賞の評価基準

金賞 ガイドラインの基準に完全に合致し、かつ外観、香り・味のバランスが世界1級のレベルに達しているビール
銀賞 ガイドラインの基準を高いレベルでクリアし、かつ外観、香り・味のバランスが卓越したビール
銅賞 ガイドラインの基準をクリアし、外観、香り・味のバランスが優れているビール

市内でTOYODABEERの生ビールが飲めるお店

世界的な高評価をいただいたTOYODABEERの生ビールを、市内の店舗でいつでも飲めるお店がありますのでご紹介します!

上記のお店で樽生のTOYODABEERをいつでもご賞味いただけます。ぜひ一度お試しください。

ジャパン・グレートビア・アワーズ2021で銀賞を受賞

ジャパン・グレートビア・アワーズ2021銀賞受賞画像

令和3年2月27日(土曜日)、2月28日(日曜日)に審査会が開催されたジャパン・グレートビア・アワーズ2021で、TOYODABEERがボトル部門で銀賞を受賞しました。

ジャパン・グレートビア・アワーズとは

クラフトビールの普及と振興を図ると共に、日本国産ビールの品質向上を図ることを目的として、2019年から企画されているものです。

インターナショナル・ビアカップと同様のワールド・ビアカップのガイドラインを基礎とした審査基準に加え、独自の審査方法を設け、多角的にビールの審査が行われます。

主催:「ジャパン・グレートビア・アワーズ」ビール審査実行委員会

TOYODA BEER受賞について

今回は、ボトル(瓶)部門の「ジャーマンスタイル・メルツェン」で銀賞を受賞しました。

この大会は、合計点が一定以上となったビールすべてが授賞する絶対評価方式のため、別のビール銘柄との比較ではなく、審査いただいた点数に応じて入賞が決定されます。(絶対評価となるため、金銀銅各賞について複数となる場合や該当がない場合もあります)

 

過去の受賞歴

TOYODA BEERがインターナショナルビアカップ2018で金賞受賞

 この度、TOYODA BEERが、世界の5大ビール審査会の1つである、「インターナショナルビアカップ2018」で、「スタイル Vienna-Style Lager」の「瓶(ボトル)部門」で最高評価の『金賞』を受賞しました。

インターナショナルビアカップとは?

今回で23回目、世界で3番目の歴史を持つビール審査会。
主催はInternational Craft Beer Days実行委員会(共催 日本地ビール協会)。
出品ビール合計数 754銘柄(うち海外23か国 381銘柄)。
審査は「ケグ」部門、「ボトル(瓶)」部門、それぞれ111のスタイルで実施。審査要素は、「外観」「アロマ」「ボディ」「全体印象」、また、国際標準化されている「スタイルガイドライン」に基づき審査。審査員は、様々な審査員経験者が務める。

TOYODA BEER金賞受賞について

「スタイル Vienna-Style Lager」の瓶(ボトル)部門で『金賞』(最高評価)を受賞。
今回、この部門で銀賞、銅賞は該当なし。唯一の受賞。
全体の入賞は221銘柄が入賞(金銀銅賞受賞)、その内『金賞』は全部門で、36銘柄の受賞のみ。
また、36の金賞の内、カテゴリーチャンピオンが14受賞。
TOYODA BEERはダークラガーのカテゴリーチャンピオンも受賞しました!
(参考)部門の金銀銅の各賞は1銘柄ずつ、受賞該当が無いビールもある。 

金賞 ガイドラインの基準に完全に合致し、かつ外観、香り・味のバランスが世界1級のレベルに達しているビール
銀賞 ガイドラインの基準を高いレベルでクリアし、かつ外観、香り・味のバランスが卓越したビール
銅賞 ガイドラインの基準をクリアし、外観、香り・味のバランスが優れているビール

ワールド・ビア・アワード2018で「ワールドベストスタイル」受賞

この度、TOYODA BEERがワールド・ビア・アワード2018でラガー部門ヴィエナアンバースタイルで「ワールドベストスタイル」受賞しました。

ワールド・ビア・アワードとは

英国パラグラフ・パブリッシング社が年に1回開催するビールの世界的審査会で「Taste」と「Design」分野で審査。
今回は、全体で50か国2,300以上の銘柄の応募あり。
TOYODA BEERは、該当するラガー部門「ヴィエナ・アンバー」スタイルで『ワールドベストスタイル』(世界一のヴィエナ・アンバースタイル)を受賞。

TOYODA BEER受賞について

・TOYODA BEERは大きな9つのカテゴリーの内「ラガー」に属する。
「ヴィエナ・アンバー」スタイルで、1次ラウンドの国内大会を突破し、日本代表に選ばれ、2次審査へ。
2次審査では、世界12か国の代表と競い、世界No.1スタイル『ワールド・ベスト ヴィエナアンバー』を獲得。

 

このページに関するお問い合わせ

産業スポーツ部 産業振興課
直通電話:商工係 042-514-8437 ものづくり推進係 042-514-8442 観光係 042-514-8461
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-581-2516
〒191-8686
東京都日野市神明1丁目12番地の1 日野市役所3階
産業スポーツ部産業振興課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。