公的年金からの市・都民税特別徴収(天引き)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1002636  更新日 平成30年2月27日

印刷 大きな文字で印刷

平成21年10月以降に支払われる公的年金から、年金所得に係る市・都民税の特別徴収(天引き)が始まりました。

なお、この制度は個人住民税の納税方法の変更であり、新たな税負担が生じるものではありません。

対象となる方

次の二つを満たす方

  • 公的年金収入が年間18万円以上の65歳以上(当該年度の4月1日現在)の方 
  • 介護保険料が年金から特別徴収されている方

但し、以下に該当する方は、特別徴収されません。

  1. 特別徴収する税額が、老齢基礎年金の年額を超える方
  2. 前年中に公的年金等の支払いを受けなかった方
  3. 公的年金等から所得税と介護保険料を引いた後の額が、市・都民税の額より少ない方
  4. 当該年度の1月1日以後に日野市から転出された方
  5. 当該年度の4月1日以前に日野市へ転入された方
  6. 当該年度の4月1日以前に死亡された方

徴収する税額

公的年金(老齢基礎年金等)の所得に係る所得割額及び均等割額

徴収の方式

新しく特別徴収の始まる方の場合

イラスト:新規特別徴収の方式

前年度から引き続き特別徴収の対象となる方の場合

イラスト:特別徴収継続の説明

なお、 年の途中で公的年金の所得等が変更になったことにより、公的年金からの特別徴収税額に増減が生じた場合は、その年度の特別徴収は停止となり、未徴収の税額が普通徴収に切り替えとなります。

このページに関するお問い合わせ

市民部 市民税課
直通電話:庶務係 042-514-8235 市民税係 042-514-8238 市民税係 042-514-8954
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-583-4198
〒191-8686
東京都日野市神明1丁目12番地の1 日野市役所2階
市民部市民税課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。