男女共同参画地域防災講座「『男女の視点』で地域の防災力をアップする!」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1012209  更新日 令和1年9月13日

印刷 大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 生活・環境

開催日

令和1年9月6日(金曜日) 、9月7日(土曜日)

開催時間

令和1年9月6日(金曜日) 午前10時00分~正午、午後1時00分~午後4時00分
令和1年9月7日(土曜日) 午前10時00分~正午

開催場所

令和1年9月6日(金曜日)実践女子大学 日野キャンパス(大坂上4-1-1)
令和1年9月7日(土曜日)多摩平の森ふれあい館(多摩平2-9)

概要

普段の地域防災活動に、男女双方の意見が反映されていますか?

役員の数や役割が性別によって偏っていませんか?

男女双方の視点を取り入れることで地域の防災力向上を目指す、全3回(2日間)の連続講座です。

ぜひお気軽にご参加ください!

費用

不要

保育

あり

1歳から未就学児 4名まで(先着順)

※令和元年8月22日(木曜)までに申し込み

手話

あり

事前申し込み制

※令和元年8月22日(木曜)までに申し込み

申込

必要

氏名(ふりがな)、住所、電話番号、保育・手話通訳希望の有無を明記のうえ、電話、Eメールまたはファクスで男女平等課まで

※令和元年9月4日(水曜)までに申し込み

※保育・手話通訳の申し込みは令和元年8月22日(木曜)まで

内容
  • 第1回 9月6日(金曜)10時00分から正午

「『男女の視点』がカギとなる!地域防災力アップの秘訣」

普段の地域防災活動や、災害時の避難所運営で、性別によって役割や人員が偏ってはいませんか?なぜ地域防災を「男女双方の視点」で取り組むことが重要なのか、基礎知識を学びます。

 

  • 第2回 9月6日(金曜)午後1時00分から午後4時00分

「避難所運営HUGゲーム~避難所運営を疑似体験しよう!」

災害時の避難所運営を、ゲームを通して疑似体験します。刻々と変化する避難所の状況に、あなたは運営者のひとりとしてどのように対処しますか?きっとたくさんの気づきが得られるはずです。

 

  • 第3回 9月7日(土曜)午前10時00分から正午

「料理に自信がなくても大丈夫!簡単防災ごはんのつくり方」

普段料理をする方もしない方も、災害時には限られた環境の中でごはんを作らなければならないかもしれません。そんな時に役立つアイデアを、デモンストレーションを交えながら学びます。

講師

第1回 塩沢 祥子氏(NPO法人 神奈川災害ボランティアネットワーク 運営委員)

第2回 宮崎 雅也氏(社会福祉法人 日野市社会福祉協議会)

第3回 鈴木 直美氏(万願荘自治会防災防犯会 副代表)

対象

市民(在住・在勤・在学)

定員

50名(先着順)

持ち物

9月6日(金曜)参加の方は昼食をご持参ください。

主催
日野市企画部男女平等課
共催
学校法人 実践女子学園 男女共同参画推進室
問い合わせ・申込

日野市企画部男女平等課

電話 042-584-2733

ファクス 042-584-2748

Eメール danjyo@city.hino.lg.jp

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のホームページ(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

企画部 男女平等課
直通電話:042-584-2733
ファクス:042-584-2748
〒191-0062
東京都日野市多摩平2丁目9番地 男女平等推進センター
企画部男女平等課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。