母子家庭等高等職業訓練促進給付金

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1003982  更新日 令和2年3月5日

印刷 大きな文字で印刷

母子家庭の母または父子家庭の父が、就職に有利な資格を取得するため養成機関にて修業している場合、経済的支援を行います。

この給付を受けることができる方

母子家庭の母または父子家庭の父であり、20歳未満のお子さんを扶養している方で、次の用件をすべて満たす方

  • 児童扶養手当の支給をうけている者、または児童扶養手当の受給要件と同等の所得水準の方
  • 修業年限1年以上の養成機関にて修業し、資格の取得が見込まれる方
  • 就業または育児と修業の両立が困難であると認められる方 

この給付の対象資格

  • 看護師(准看護師)
  • 介護福祉士 ※注
  • 保育士 ※注
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 社会福祉士 等

その他、上記に準じ市長が地域の実情に応じて定める資格

※保育士、介護福祉士については求職者支援制度の利用が可能です。

求職者支援制度とは、雇用保険を受給できない求職者の方を対象とした職業訓練で、ハローワークが窓口となります。

※既に国家資格を取得している方や原則過去に高等職業訓練促進給付金を受給された方は対象となりません。

支給額及び支給期間

高等職業訓練促進給付金

支給金額 

支給対象者及び同一世帯に属する者の課税状況により、決定します。

市都民税非課税世帯 月額 100,000円

市都民税課税世帯 月額  70,500円

※最終年度支給額

市都民税非課税世帯 月額 140,000円

市都民税課税世帯 月額 110,500円 

支給期間

修業期間の全期間 (上限は4年間)

※准看護師養成機関修了後、看護師養成に修業する場合は上限3年となります。

 

 

 

修了支援給付金

入学時に支給対象要件に該当していて、養成機関にて修業し、養成課程を修了した方に対し支給します。

支給金額

市都民税非課税世帯 50,000円
市都民税課税世帯 25,000円

相談および申込みについて

まずはご相談ください。
ご相談後に申込みに必要な書類等をご案内いたします。

※給付にあたっては審査を行います。審査の結果、給付できない場合もございます。

問い合わせ・申し込み先

セーフティネットコールセンターひとり親相談係

電話 042-514-8546(直通)

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 セーフティネットコールセンター
直通電話:セーフティネット係042-514-8542 ひとり親相談係042-514-8546 自立支援係042-514-8574
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-583-4198
〒191-8686
東京都日野市神明1丁目12番地の1 日野市役所2階
健康福祉部セーフティネットコールセンターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。