戦争体験アーカイブ事業

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1016978  更新日 令和3年5月26日

印刷 大きな文字で印刷

戦争体験アーカイブ事業~日野市・国立市・多摩市連携事業~

あなたの戦争体験を次世代に伝えませんか?

戦争の恐ろしさ、平和の大切さを次世代に伝えていくため、日野市・国立市・多摩市(以下3市)は、戦争体験をアーカイブ(記録・保存)し、平和事業に活用させて頂きます

応募期間

令和3年8月31日まで

対象者

3市在住者または3市にゆかりのある方

3市在住者または3市にゆかりのある方から聞いた戦争体験を証言できる方(ご家族など)

募集テーマ

「次世代に伝えたいあなたの戦争体験」

応募詳細

戦争体験を 800字文字以内で原稿用紙にまとめ、氏名・年齢・住所・連絡先 を記載したものを下記の提出先へメール、郵送で送付ください。(平和と人権課窓口に持参可)

※ ファクスでの受付はしておりませんのでご注意ください

詳しくは下記の募集要領をご覧ください

下記の専用の指定原稿用紙をご使用ください

選考会

下記の方々に約30名分を選んでいただきます

選考委員長:林家 木久扇 師匠(落語家)

委員:中満 泉 氏(国連事務次長・軍縮担当上級代表)、加藤 登紀子 氏(歌手・元UNEP親善大使)、

 コシノヒロコ 氏(ファッションデザイナー)、丘 修三 氏(児童文学作家)、

 稲葉 茂勝 氏(子ども大学くにたち理事長) ほか

選考された方には、後日事務局からご連絡をさせて頂き、体験談の朗読音声を録音させて頂きます

また、併せて当時の写真等などがありましたら、ご本人の同意を頂き、データを取らせて頂きます

(※写真などの現物は後日、本人にお返しします。また当時の写真などが無い場合はその旨お伝えください)

保存方法

選考会で選考された方が対象です

縦型のA3サイズに上部に写真など(写真等がない場合はイラストなどを入れさせて頂きます)、下部に体験談の文章とご本人が朗読した音声が再生出来るもの(QRコードのようなもの)を添付したパネルを作成します

体験談の文章をまとめた冊子も作成します

パネルの活用方法

今後3市(日野市、国立市、多摩市)での平和事業でパネル展などに使用し、戦争の恐ろしさ、平和の大切さを広く啓発するために使用させて頂きます

提出先

平和と人権課

郵送・持参の場合:〒191-0062 日野市多摩平2丁目9番地 多摩平の森ふれあい館2階 

メールの場合 :heiwa@city.hino.lg.jp

お問い合わせ先

電話 : 042-584-2733

ファクス : 042-584-2748 (体験談はファクスでの受付はしておりませんのでご注意ください。)

メール: heiwa@city.hino.lg.jp

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のホームページ(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

企画部 平和と人権課
男女平等ダイバーシティ推進係・平和と多文化共生係

直通電話:042-584-2733
ファクス:042-584-2748
〒191-0062
東京都日野市多摩平2丁目9番地 男女平等推進センター
企画部平和と人権課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。