【住民訴訟】不当利得返還履行請求事件で「却下」の判決(令和5年11月16日プレスリリース)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1025328  更新日 令和5年11月16日

印刷 大きな文字で印刷

令和2年(行ウ)第180号不当利得返還履行請求事件(住民訴訟)で、原告が日野市長に対して、平成24年度から平成29年度に日野市川辺堀之内土地区画整理組合に支出した日野市土地区画整理事業助成金2億9千500万円及び交付日から支払済みに至るまで年5分の割合による遅延損害金の返還請求を求めた裁判の判決が令和5年11月16日にあり、原告の請求を「却下」とする判決となりました。
判決に関わらず既に市は、当該組合に対し同額の助成金の返還請求を本年11月29日を支払期限として実施しております。今後については、当該組合による助成金の返還が適切に履行されるよう求めると共に、組合運営が適正に行われるよう指導・助言を徹底し、現在施行中の組合事業を一刻も早く完遂させるために、引き続き組合を支援してまいります。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり部 区画整理課 事業管理係
直通電話:042-514-8378
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-581-2516
〒191-8686東京都日野市神明1丁目12番地の1 日野市役所3階
まちづくり部区画整理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。