HOW TO ごみ減量

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1002927  更新日 平成30年8月14日

印刷 大きな文字で印刷

あなたのごみ、もっと減らせます!?
ごみ減量の工夫、ごみ減量キーワードを載せました。

その1 レジ袋を断る

1世帯あたり年間600枚も使用されているレジ袋。これは、日野市全体ではなんと年間4200万枚も使われている計算になります。「ごみになるものを断る」ことは、ごみ減量の中で、一番大事なことです。皆さんもお買い物にはレジ袋の代わりに「マイバッグ」を持って行きませんか?

日野市では、「ごみ減量推進市民会議」が呼びかけて、70名を超える市民と事業者と行政が参加する「マイバッグ運動」を展開しています。

レジ袋を断ることは、

  1. 家庭ではごみになるものを持ち込まない
  2. 事業者は環境を考えた事業者責任を果たすきっかけとしてごみの発生抑制 という大きな目標がこめられたシンボルであり、かつすぐに実行できる地球環境保全への取り組みの第一歩です。

毎年5月、10月はマイバッグ持参強化月間です

イラスト「レジ袋はごみになるのでいりません」

市民・事業者・行政の3者で構成される「レジ袋無料配布中止に向けた共同会議」では、毎年5月、10月をマイバッグ持参強化月間と定め、市内全スーパーマーケットで啓発などを行っています。

「買い物は、行きも帰りもマイバッグ」、「マイバッグを使って断るレジ袋」にご協力くださいますようよろしくお願いいたします。

その2 詰め替え商品を利用する

最近では、シャンプーの容器など詰め替え商品が増えています。同じ容器を繰り返し使えば、新しい容器が不要になり、不燃ごみが大幅に減らせます。

その3 もったいないを大切に

今ある物を最後まで使い切り、すぐに新しい物を買ってこないようにしましょう。壊れた物は修理してまた使いましょう。

その4 生ごみのひとしぼり

生ごみの重量のほとんどは水分です。これをひとしぼりするだけで100グラムのごみが減らせます。ひとしぼり、ふたしぼり、みしぼりするともっと減らせます。さらに新聞紙の上で干すとぐっと減量出来ます。カラスの被害対策にもなるので、ぜひやってみてください。

その5 コンポスターで生ごみを堆肥化

生ごみを堆肥化し、家庭菜園などで使えば家の中での循環が出来ます。市では、生ごみ堆肥化容器の購入補助をしています。詳細はごみゼロ推進課まで。

その6 しっかり分別

ごみを資源として分けることで、ごみを減らせます。しっかり分別して、可燃ごみ、不燃ごみの中に資源物が混ざっていることが無いようにしましょう。

リサイクルには莫大な費用がかかるなど問題点もあります。リサイクルだけではごみをなくすことはできません。分別するだけでよしとせず、資源物も減らしましょう。

その7 ペットボトルを水筒として使う

例えばペットボトルを水筒として使う。使い終わったものは簡単に捨てずに、「これ、何かに使えないかな?」と考えてみましょう。捨てる(ごみとしても資源としても)のは一番最後です。

その8 ビールびんを買ったお店に返す

ビールびんなど一部のびんは、メーカーが集めて再使用しています。リユース(再使用)はリサイクル(再生利用)よりも良いごみ減量の方法です。また、EPR(メーカーや販売店にも、商品を最後の廃棄するまで責任を持ってもらうこと)をすすめれば、ごみの減量が自ずと進みます。

その9 ジュースはペットボトルを買わず、紙パック入りを選ぶ

飲料容器として、環境にやさしい容器は、繰り返し使えるびん(ビールびんなど)、紙パックです。紙は比較的リサイクルしやすく、原料は木なので、再生可能な資源です。ペットボトルは、再生不可能な石油を原料としていることや、資源化するためにかかる費用が非常に高いことなど大きな問題があります。

その10 食べきれる分だけ調理する

食べ残しの無いように、買いすぎないこと、作りすぎないことが大事です。買い物、調理はなるべくこまめに、計画的に。

その11 量り売りで買う

野菜など、スーパーでも量り売りをしているところがあります。量り売りを利用すれば、トレーやポリ袋などが不要になります。トレーなどの容器包装は、使い捨てなのでまず最初に減らしたいごみ。昔は、量り売りが普通でした。

その12 エコマークのついている商品を選ぶ

エコマークのついている商品を選ぶなど、環境に配慮した商品を選びましょう。需要がなければリサイクル品市場は成り立たないので、リサイクル商品を買うことは、リサイクルをすすめることになります。

このページに関するお問い合わせ

環境共生部 ごみゼロ推進課
直通電話:042-581-0444
ファクス:042-586-6606
〒191-0021
石田1丁目210番地の2 クリーンセンター
環境共生部ごみゼロ推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。