明星大学生デザインのおしゃれな指定収集袋(レジごみ袋)の実証実験販売を開始します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1020239  更新日 令和4年8月26日

印刷 大きな文字で印刷

マイバッグを忘れた時や収納しきれない場合にぜひご活用を

令和2年7月よりレジ袋有料化がスタートしました。市内スーパー等でのレジ袋辞退率は85%を超えていますが、さらなる向上を目指し、プラスチックごみの削減を進めなければなりません。そこで、明星大学、イオンリテール株式会社、株式会社セブンイレブンジャパンと連携して、レジ袋の削減を目的とした「レジごみ袋」の導入及び販売の実証実験を協働で実施します。是非、ご活用ください。

活用のメリット

  • レジ袋を断り指定収集袋として活用できる「レジごみ袋」を購入することでプラスチック袋が2枚から1枚に半減し、環境負荷が軽減
  • レジ袋を断ることで、レジ袋代の負担減

販売種類

可燃ごみ指定収集袋(小袋)をばら売り

植物性由来バイオポリエチレン(Braskem)25%含有

販売店舗

  • イオンモール多摩平の森・イオンスタイル
  • 市内セブンイレブン協力店舗

画像:レジごみ袋

このページに関するお問い合わせ

環境共生部 ごみゼロ推進課
直通電話:042-581-0444
ファクス:042-586-6606
〒191-0021
石田1丁目210番地の2 クリーンセンター
環境共生部ごみゼロ推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。