新型コロナウイルスワクチンの接種体制について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1016986  更新日 令和3年4月12日

印刷 大きな文字で印刷


日野市民の皆さまへ

 

皆さま、こんにちは。市長の大坪冬彦でございます。

市民の皆さま、事業者の皆さまには、新型コロナウイルス感染対策の徹底にご協力をいただいております。この場をお借りして、改めて感謝を申し上げます。ありがとうございます。

本日は、新型コロナウイルスワクチンの接種体制についてお話しをさせていただきます。

接種できる場所として、個別接種を受けられる約60カ所の市内医療機関と、集団接種を行う日野、豊田、高幡エリアの3カ所において準備を進めています。

市では、高齢者の方から順番に接種を始められる仕組みを整えているところです。しかしながら、3月8日現在で判明している、ワクチンの確保状況としては、日野市には約千人分ときわめて少ない状況となっております。そのため4月は、高齢者施設に入所されている方を対象として、限定的に接種を開始することを予定しております。

市では、3月4日から、ワクチン接種のコールセンターを開設いたしました。ワクチンの接種に関してご不安なことなどは、こちらまでお問い合わせをください。聴覚に障害のある方は、ファクスでお問い合わせください。

十分な量のワクチンの供給が始まりましたら、こちらのコールセンターでも、接種の予約を受け付けたいと考えているところでございます。

ワクチンの接種に向けて、最新の情報は市ホームページやLINEでお知らせしてまいります。また、接種予約のサイトにLINEからアクセスできる準備も進めています。LINE登録がまだの方は、ぜひ、日野市の公式アカウントとお友だちになってください。登録の仕方は、画面に表示されているリンクからご覧ください。

今後、ワクチンの有効性や、副反応などのリスクについては、正確な情報を市民の皆さまにお伝えしてまいりますので、それらを参考にしていただきながら、接種する、しないのご判断をしていただければと思います。

 

令和3年3月10日

日野市長 大坪冬彦