日野市社会福祉協議会で新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少した世帯に対する特例貸付を実施しています

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1016764  更新日 令和3年8月25日

印刷 大きな文字で印刷

特例貸付の問い合わせ先

日野市社会福祉協議会総務係(貸付担当) 電話042-586-3063

注意事項

12月29日から1月3日までの年末年始期間を除く平日の午前9時から午後5時までの間にお問い合わせをお願いいたします。土曜日、日曜日、祝日、年末年始期間は、電話をいただいてもつながりませんので、予めご了承ください。

ページ最下部にある健康福祉部福祉政策課にお問い合わせいただいても、お手続きや詳細なご説明はできませんのでご注意ください。また、日野市役所では貸付の手続きを行うことができませんので、ご来庁されないようにご注意ください。

 

特例貸付について

新型コロナウイルス感染症の発生による休業や失業等により、一時的又は継続的に収入が減少した世帯を対象として、生活福祉資金貸付制度における緊急小口資金及び総合支援資金について特例措置が設けられました。

新型コロナウイルス感染症の予防及び拡大防止のため、社会福祉協議会への来所でのご相談は完全予約制とさせていただいています。必ず事前に電話でご相談の予約の上、ご来場いただくようお願い申し上げます。

申請受付期間

令和3年(2021年)11月30日(火曜)まで。ただし、総合支援資金の延長貸付については、令和3年(2021年)3月31日(水曜)までに総合支援資金の初回貸付を申請した世帯をもって終了します。

予約するための連絡先

日野市社会福祉協議会総務係(貸付担当) 電話042-586-3063(12月29日から1月3日までの年末年始期間を除く平日の午前9時から午後5時まで、土曜日、日曜日、祝日、年末年始期間は、電話をいただいてもつながりませんので、予めご了承ください。)

注意事項

  • 完全予約制のため、予約なしでご来所いただいた場合はご相談をお受けできません。予めご了承ください。
  • 相談者や職員が感染した場合は相談受付や貸付けが出来なくなります。体調がすぐれない場合は来場をご遠慮ください。また、ご来場の際は、必ず手指消毒およびマスクの携行をお願いします。
  • 特例貸付の詳細については、情報が頻繁に更新されているため、東京都社会福祉協議会ホームページで最新情報をご確認ください。日野市外の方はお住いの地区の社会福祉協議会にお問い合わせください。

令和3年(2021年)4月以降の特例貸付の新規申請者への対応

令和3年(2021年)4月以降の特例貸付の新規申請者に対しては、対象者の困窮状況が長期に及び可能性がある場合、本人の希望に応じ、緊急小口資金からではなく総合支援資金からの貸付となります。

また、令和3年(2021年)4月以降に新規に特例貸付を申請した場合は、緊急小口資金と総合支援資金(初回貸付)と総合支援資金の再貸付を合わせて、最大140万円まで貸し付けを受けることができる場合があります。

総合支援資金の再貸付申請についてのご案内

社会福祉協議会が行っている個人向けの緊急小口資金及び総合支援資金の特例貸付について、令和3年(2021年)の緊急事態宣言の延長等に伴う経済支援策として、総合支援資金の再貸付が実施されます。詳細は日野市社会福祉協議会(電話:042-586-3063)にお問い合わせください。

再貸付の申請期間

令和3年(2021年)11月30日(火曜)まで

再貸付の実施回数及び貸付の月数

再貸付は1回限り、最大で3カ月まで

再貸付の対象者

以下の2つの要件全てに該当する世帯が対象となります。

  1. 緊急小口資金及び総合支援資金(延長含む)の特例貸付が終了している世帯
  2. 特例貸付が終了後、引き続き、新型コロナウイルス感染症の影響による収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯

その他

据置期間は3年以内

上記以外については、償還免除特例を含めて既存の総合支援資金と同じとなります。

緊急小口資金特例貸付

貸付額

20万円以内(一括交付)

貸付金交付

申請から貸付まで一週間程度

据置期間

1年以内

返済期間

2年以内(24回以内)

連帯保証人

不要

利子

無利子(ただし、返済期間まで返済が完了しない場合、残元金に対して年3%の延滞利子が発生します。)

貸付対象

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯。

他道府県で今回の特例貸付を既に受けている世帯は対象外です。

総合支援資金特例貸付

貸付額

  • 二人以上世帯 月額20万円以内
  • 単身世帯 月額15万円以内

貸付金交付

申請から貸付まで最短20日

貸付期間

原則3カ月以内

据置期間

1年以内

返済期間

10年以内(120回以内)

連帯保証人

不要

利子

無利子(ただし、返済期間まで返済が完了しない場合、残元金に対して年3%の延滞利子が発生します。)

貸付対象

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、収入の減少や失業等により困窮し、日常生活の維持が困難になっている世帯。

他都道府県で今回の特例貸付を既に受けている世帯は対象外です。

本資金は、緊急小口資金特例貸付と同時に貸し付けることはできません。

自立相談支援事業等による継続的な支援を受けることが要件となります。

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のホームページ(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 福祉政策課
直通電話:地域福祉係 042-514-8467 指導検査係 042-514-8974 福祉オンブズパーソン 042-514-8469
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-583-4198
〒191-8686
東京都日野市神明1丁目12番地の1 日野市役所3階
健康福祉部福祉政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。