多胎児家庭サポーター助成事業(令和3年4月1日開始)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1016567  更新日 令和3年7月9日

印刷 大きな文字で印刷

多胎児を妊娠している方や、生後2歳未満の多胎児(双子や三つ子など)を養育している方が、家事育児のサポートやアドバイスを受けるために支払った費用に対し、その経費の一部を助成することで、多胎児家庭の不安を解消し、安心して子育てができることを目的とする事業です。

対象者

  • 市内在住の多胎妊婦、または2歳未満の多胎児を養育している世帯
  • 市が定めたサービス提供協力者に費用の支払いを行った方

助成内容

  • プランニング1回につき上限1,000円を助成。(1回限り利用可能)
  • 支援サービス1時間につき上限2,000円を助成。
  • 妊娠期から1歳未満の期間で上限160時間、1歳から2歳未満の期間で上限120時間。

注意点

  • 1回の利用につき1時間未満の端数が出た場合は切り捨てとなります。
  • ベビーシッターでの利用は助成の対象にはなりません。
  • 助成を受けられるサービス提供協力者は市と提携している事業者に限ります。
  • 利用料金はサービス提供協力者により異なりますのでご確認ください。

「妊産婦サポート事業」との併用ができないことについて

  • 「妊産婦サポート事業」との併用ができないため、どちらか一つを選択しご利用ください。
  • 「多胎児家庭サポーター助成事業」を利用した世帯で、新たにきょうだいを妊娠した場合、多胎児が2歳を過ぎるまでは「妊産婦サポート事業」を利用することができません。

利用の流れ

1.サービス提供協力者の選択

市と提携しているサービス提供協力者一覧より選択をします。

2.申込・予約

サービス提供協力者に直接申し込んでください。サービス提供協力者から予約方法、手続き等をご案内いたします。

(サービス提供協力者には「日野市多胎児家庭サポーター助成事業」を申請したいことを伝えてください。)

3.利用

予約の日時にサービス提供協力者がご自宅にお伺いし、プランニング又は支援サービスを提供いたします。サービス提供協力者に利用料金をお支払いください。

4.助成金申請

4カ月分の利用をまとめて助成します。助成決定後、日野市多胎児家庭サポーター助成事業交付申請書記載の口座へ振り込みます。

 申請期間

  4~7月利用分:8月1~31日に申請、9月末ごろに支給

  8~11月利用分:12月1~28日に申請、1月末ごろに支給

  12~3月利用分:4月1~30日に申請、5月末ごろに支給

 提出書類

  • 日野市多胎児家庭サポーター助成事業交付申請書
  • 日野市多胎児家庭サポーター助成事業提供証明書(サービス提供協力者が提出)
  • 母子手帳の写し(産前、住民基本台帳による母子関係が確認できない場合)

提出書類は下記よりダウンロードし、子ども家庭支援センターまで持参又は郵送ください。

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のホームページ(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

子ども部 子ども家庭支援センター 地域支援係・相談援護係
直通電話:042-599-6670
ファクス:042-599-6671
〒191-0031
東京都日野市高幡1009の4
子ども部子ども家庭支援センターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。