医療と介護の連携推進勉強会を開催しています

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1009833  更新日 令和3年1月20日

印刷 大きな文字で印刷

多職種の顔の見える関係を構築するために

医療と介護の連携推進勉強会

医療と介護の顔の見える関係の構築を目指して、「医療と介護の連携推進勉強会」を開催しています。勉強会には以下の3種類があります。

(1)医療と介護の連携推進勉強会(第1段階) 主催:日野市 年1回

多職種の顔の見える関係づくりを目指して、多職種での交流や意見交換を行いお互いの連携の課題を考えるグループワーク

(2)医療と介護の連携推進勉強会(第2段階) 主催:日野市 年3回

他の職種の仕事内容を学び、多職種が同じ方向を向いて仕事が進められることを目指して具体的な症例を題材に、より良いサービスを提供するために何ができるかを考えるグループワーク

  ※(1)の勉強会に参加した経験のある方に限ります

(3)【圏域別】医療と介護の連携推進勉強会   主催:地域包括支援センター (各圏域でおおむね年2回程度)

たかはた・とよだ・ひの・ひらやまの4圏域で、地域包括支援センターが様々なテーマで勉強会を開催

対象の方

  • 医師
  • 歯科医師
  • 薬剤師
  • 訪問看護事業者
  • 病院
  • ケアマネジャー  
  • 介護保険サービス事業所
  • 地域包括支援センター

 (以上8職種)

※8職種以外の方は、聴講での参加も受け付けています

参加方法

 

(1)(2)の勉強会 所属団体より開催の都度募集がありますので、その際にお申込みください
(3)の勉強会

事業所が所在している圏域の地域包括支援センターより開催の都度募集がありますので、

その際にお申込みください

 

医療と介護の連携推進勉強会開催報告(平成30年度)

第2回医療と介護の連携推進勉強会(第2段階):9/21開催

第17回日本褥瘡学会関東甲信越地方会学術集会で「最優秀演題賞」受賞!

当勉強会「褥瘡(床ずれ)の発見と予防」にて講師をしていただいた日野市立病院の坂上看護師が、当勉強会を題材にした『地域における褥瘡予防管理の取り組み~医療と介護連携推進勉強会の活用~』の学会(第17回日本褥瘡学会関東甲信越地方会学術集会)での発表において、最優秀演題賞を受賞しました。資料等の詳細につきましては、在宅療養支援課までご連絡ください。

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のホームページ(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 在宅療養支援課
直通電話:042-514-8189
ファクス:042-514-8097
〒191-0016
東京都日野市神明1丁目11番地の12 日野神明郵便局2階
健康福祉部在宅療養支援課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。