企画展 大型四面廂建物の謎に迫る

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1019689  更新日 令和4年5月27日

印刷 大きな文字で印刷

企画展「古代大型四面廂建物跡の発見 その出現の謎に迫る」

写真:四面廂建物跡
四面廂建物跡の全景

近年、日野市西平山地区では遺跡調査が進み、古代の大型建物跡、区画溝等の特殊な遺構群が見つかっています。今回の展示では、中でも東京都内2番目の規模を誇る大型四面廂建物跡に焦点を当て、その実像を分かりやすく解説します。また、市内出土資料も合わせて展示し、出現の背景に迫ります。

写真:四面廂建物西側の別の大型建物跡
四面廂建物西側の別の大型建物跡。人物と比べると建物の大きさがわかります
会場

新選組のふるさと歴史館(神明4-16-1)

期間
6月11日(土曜日)~7月18日(月・祝)
開館時間
午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
料金
一般200円、小・中学生50円

このページに関するお問い合わせ

産業スポーツ部 ふるさと文化財課
直通電話:042-583-5100
ファクス:042-584-5224
〒191-0016
東京都日野市神明4丁目16番地の1
産業スポーツ部ふるさと文化財課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。