特別展「日野に誕生した桑と蚕の研究所物語」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1017950  更新日 令和3年9月30日

印刷 大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 趣味・教養

令和3年度特別展「川風のおくりもの 日野に誕生した桑と蚕の研究所物語」

10月2日(土曜日)から12月12日(日曜日)まで開催

写真:旧農林省蚕糸試験場日野桑園第一蚕室
保存修理された「旧農林省蚕糸試験場日野桑園第一蚕室」

日野市ふるさと文化財課の特別展「川風のおくりもの 日野に誕生した桑と蚕の研究所物語」を開催いたします。また、関連イベントとして、第一蚕室の公開や講演会、現地解説なども開催いたします。

開催期間

令和3年10月2日(土曜日)から令和3年12月12日(日曜日)まで

開催時間

午前9時30分 から 午後5時 まで

ただし、毎週月曜日は休館(月曜日が祝日の場合、翌平日が休館)

開催場所

日野市立新選組のふるさと歴史館
新選組のふるさと歴史館

概要

 日本の近代化を支え続けた養蚕。市民の森スポーツ公園と仲田の森蚕糸公園の地には、かつて農林省蚕糸試験場日野桑園がありました。
 明治45年(1912年)、蚕糸試験場の前身である原産種製造所の設置に伴い、川風に恵まれ良質の桑が育つ日野の地に、附属の桑園が設置されました。
 さらに昭和に入ると桑園が拡大され、新たな桑と蚕の研究室が日野に誕生しました。昭和55年に現在の茨城県つくば市に移転するまで、日本の蚕糸科学技術研究の最前線として機能していた研究所でした。
 本展では、日野の桑園が設置された経緯や日野桑園そのものについて、併せて保存修理工事が行われた第一蚕室についても紹介します。

費用

必要

一般:200円
小・中学生:50円

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

このページに関するお問い合わせ

産業スポーツ部 ふるさと文化財課
直通電話:042-583-5100
ファクス:042-584-5224
〒191-0016
東京都日野市神明4丁目16番地の1
産業スポーツ部ふるさと文化財課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。