企画展「縄文の顔・日野の顔」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1017948  更新日 令和3年8月30日

印刷 大きな文字で印刷

日野市内の遺跡から出土した「顔」に関する土器などを展示します。

イベントカテゴリ: 趣味・教養

企画展「縄文の顔・日野の顔」

人か獣か、それとも神か精霊か

万蔵院台遺跡採取の顔面把手の部分
万蔵院台遺跡採取の顔面把手

日野市郷土資料館の秋の企画展は、縄文時代の「顔」に注目した展示を開催いたします。

縄文時代中期の土器には、縁の部分に顔を表現した「顔面把手」と呼ばれる突起を伴うものがあります。
本展では、日野市内の遺跡から出土した顔面把手や土偶を展示します。

人か獣か、それとも神か精霊か。不思議な表情をしたいくつもの「顔」を通して縄文人の思いを巡らせて
みてはいかがでしょうか。

開催期間

令和3年9月11日(土曜日)から令和4年3月6日(日曜日)まで

開催時間

午前9時 から 午後5時 まで

開催場所

日野市郷土資料館(日野市程久保550)
郷土資料館

費用

不要

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

このページに関するお問い合わせ

産業スポーツ部 ふるさと文化財課
直通電話:042-583-5100
ファクス:042-584-5224
〒191-0016
東京都日野市神明4丁目16番地の1
産業スポーツ部ふるさと文化財課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。