2月号 ハンセン病問題から憲法を考えてみませんか

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1018743  更新日 令和4年2月3日

印刷 大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 生活・環境

学習会「ハンセン病問題から憲法を考えてみませんか」

開催日

令和4年2月12日(土曜日)

開催時間

午後2時 から 午後5時 まで

開催場所

多摩平交流センター

概要

今なお、差別に苦しむ人がいる「ハンセン病問題」。

コロナ禍の現在、感染症による不当な差別は他人事ではありません。

この講座は、対話しながら暮らしのすべてに関わる「憲法」から考える

ワークショップ形式です。お気軽にご参加ください。

 

 

費用

不要

申込締切日

令和4年2月11日(金曜日)

申込みは終了しました。

申込

必要

申込制で先着30名

2月3日(木曜日)より電話・電子申請または来館

問い合わせ 中央公民館 電話 042-581-7580

講師

相川 翼氏 武蔵高等学校中学校・青山学院高等部・早稲田大学高等学院 社会科(公民)講師

・ハンセン病市民学会 教育部会

対象
小学校5年生以上の一般市民
定員
30名
主催
中央公民館
問い合わせ
中央公民館 電話 042-581-7580

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

このページに関するお問い合わせ

教育部 中央公民館
直通電話:042-581-7580
ファクス:042-581-2110
〒191-0011
東京都日野市日野本町7丁目5番地の23
教育部中央公民館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。