ひの市民大学「夏目漱石の文学と感染症の時代」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1018509  更新日 令和4年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 子供・保護者向け 趣味・教養

開催日

令和4年2月5日(土曜日) 、3月5日(土曜日)

開催時間

午後2時 から 午後4時 まで

開催場所

中央福祉センター

概要

かつて世界を襲った感染症の時代の様子は夏目漱石の著作にみられます。

『吾輩は猫である』、前期三部作(『三四郎』、『それから』、『門』)、『道草』を取り上げ、当時の人々の感染症との関わり合いをコロナ禍の今、学びます。

なお、本講座は会場参加とオンライン参加が選択できます。

費用

不要

申込

必要

日野市中央公民館 日野市日野本町7-5-23
連絡先 042-581-7580
申込 1月5日(水曜日)午前9時より申込開始

会場参加希望:日野市中央公民館へ電話または来館
オンライン参加希望:下記申込ページよりお申し込み

外部リンク
集合場所
中央福祉センター
講師
小森 陽一氏(東京大学名誉教授)
対象
市内在住・在学・在勤の方
定員
40名
問い合わせ
日野市中央公民館

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

このページに関するお問い合わせ

教育部 中央公民館
直通電話:042-581-7580
ファクス:042-581-2110
〒191-0011
東京都日野市日野本町7丁目5番地の23
教育部中央公民館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。