令和3年度公民館平和事業 「私たちの平和への祈りを次の世代に伝えるために」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1017739  更新日 令和3年8月2日

印刷 大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 趣味・教養

このイベントは終了しました。

平和をテーマしたイラスト
星槎国際高等学校の生徒さんが制作してくださいました
開催日

令和3年8月22日(日曜日)

開催時間

〈第1部〉午前10時00分~正午
〈第2部〉午後1時00分~午後2時00分
〈第3部〉午後2時30分~午後3時10分

開催場所

多摩平交流センター
〒191-0062 日野市多摩平2-9(多摩平の森ふれあい館内)
多摩平交流センター

概要

日野市中央公民館では、毎年8月「あの日いったい何があったのか」をテーマに、市民の皆様による実行委員会のもと、平和公演を実施しています。

第二次世界大戦終了から70年以上が経過し、さきの戦争を知る世代が非常に少なくなってきている現代。
戦争体験談や平和を願う市民の方々の取り組みを通して、「戦争」、そして「平和」について一緒に考えてみませんか。

費用

不要

申込締切日

令和3年8月21日(土曜日)

申込みは終了しました。

申込

必要

8月3日(火曜日)午前9時から電話・来館 または、下記リンクより電子申請

日野市中央公民館 電話:042-581-7580

内容

【プログラム】

〈第1部〉午前10時00分~正午 「平和を考える時間 SDGsカードゲーム」

〈第2部〉午後1時00分~午後2時00分 「市民による平和への祈り」

  ○市民が語る戦争体験談  ○市民ソロリサイタル 

  ○公民館朗読サークルによる朗読劇

〈第3部〉午後2時30分~午後3時10分 「新制作座『朗読劇:昭和18年の夏』」

対象
第1部のみ小学5年生から中学3年生
定員
<事前申込み制> 第1部:18名  第2・3部:各35名
その他

【パブリックビューイング】

 第2・3部は館内別室でのパブリックビューイングを行います。(事前申込み不要)

 各部、先着31名のため、ご注意ください。

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

このページに関するお問い合わせ

教育部 中央公民館
直通電話:042-581-7580
ファクス:042-581-2110
〒191-0011
東京都日野市日野本町7丁目5番地の23
教育部中央公民館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。