ひの市民大学 実践女子大学連携コース「食品文化と発酵食品の深い関係 微生物との共生から生まれた発酵食品」全5回 *10月10日の講座は延期いたします

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1014973  更新日 令和2年10月12日

印刷 大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 趣味・教養

開催日

令和2年9月26日(土曜日) 、10月17日(土曜日) 、10月24日(土曜日) 、10月31日(土曜日) 、11月7日(土曜日)

開催時間

午後1時 から 午後2時30分 まで

開催場所

実践女子大学 香雪記念館

概要

【10月9日 お知らせ】
10月10日(土曜日)台風14号の影響を鑑み、受講者皆様の安全を優先し、大学連携コース第2回目は順延いたします。
第2回目講座は10月17日に、最終回の第5回目を11月7日(土曜日)の開催といたします。

受講者皆様、ご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ありません。
 

次回は10月17日(土曜日)となります。

ひの市民大学の「大学連携コース」を開催します。
今年度も実践女子大学日野キャンパス香雪記念館にて行います。

前期テーマは「食文化と発酵食品の深い関係 微生物との共生から生まれた発酵食品」です。
実践女子大学名誉教授の秋田修氏による全5回の発酵食品講座です!
皆さんが普段使っているあの調味料についてや、お酒の歴史などを学びます!

日程 内容

9月26日

発酵食品における微生物の役割 乳酸菌・酵母・麹菌と発酵食品の関係
10月10日 和食を支える日本の発酵調味料 味噌・醤油・米酢・本みりんなど

10月17日

発酵食品と健康 発酵食品の健康効果を検証する

10月24日 世界のお酒の歴史と文化 ワイン・ビール・ウィスキーなど
10月31日 日本のお酒の歴史と文化 複雑系の制御により生み出された日本酒
費用

不要

申込

必要

9月3日(木曜日)午前9時より来館、または電話にて申込み。

中央公民館 042-581-7580

講師

実践女子大学 

名誉教授

秋田 修 氏

対象

全5回出席可能な方

定員

30名(事前申込み 先着順)

持ち物
筆記用具
問い合わせ
中央公民館 042-581-7580

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のホームページ(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

教育部 中央公民館
直通電話:042-581-7580
ファクス:042-581-2110
〒191-0011
東京都日野市日野本町7丁目5番地の23
教育部中央公民館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。