日野市役所本庁舎免震改修工事の概要について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1011702  更新日 平成31年4月15日

印刷 大きな文字で印刷

日野市役所本庁舎免震改修工事

日野市役所本庁舎は地震に強い建物に生まれ変わります

 

工事期間・建物概要

工事期間

  • 2017年12月4日~2020年6月30日

 

建物概要

  • 名称:日野市役所本庁舎
  • 階数:【高層棟】地下1階/地上7階 【低層棟】地下1階/地上2階
  • 構造:【高層棟】SRC造 【低層棟】RC造
  • 建築面積:2,967平方メートル
  • 延床面積:12,401平方メートル
  • 竣工:1977年

工事計画

日野市庁舎は築40年以上経過し、2012年に実施した耐震診断では「耐震性能を満足せず、補強が必要な建物である」という結果が出ました。

 そこで、震災時の来庁者や職員の安全を確保し、災害後も構造体の補修をすることなく建築物を使用でき、災害復旧活動の拠点として庁舎機能を維持することが可能な「免震レトロフィット工事」を高層棟で実施します。また、低層棟では耐震性向上のため、RC壁を新設する「耐震改修工事」を行います。

免震レトロフィット工法

「基礎免震レトロフィット工事」の4つのメリット

  1. 工事中の市民サービス低下を軽減します
  2. 工事後の使い勝手が変わりません
  3. 大地震後の庁舎機能停止を回避します
  4. 地震時の機器・情報への被害を低減します

免震装置の種類・配置図・工事区分

積層ゴム支承20基

ゴムが柔らかく変形して建物を長周期化し、地震時の揺れを緩やかにします。

 

弾性すべり支承19基

すべりによる摩擦で効果的に地震エネルギーを吸収します。

 

オイルダンパー8基

地震エネルギーを吸収して、建物の揺れを小さくします。大地震だけではなく、小地震や余震の際にも効果を発揮します。

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のホームページ(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 建築営繕課
直通電話:042-514-8195
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-581-2516
〒191-8686
東京都日野市神明1丁目12番地の1 日野市役所4階
総務部建築営繕課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。