日野リビングラボのご案内

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1008801  更新日 令和2年1月17日

印刷 大きな文字で印刷

暮らしの中から新たなサービスを生み出す場、「日野リビングラボ」。
リビングラボの概要と、市民や企業が参加するにあたっての「ガイド」をまとめました。

日野リビングラボとは?

日野リビング・ラボガイド 地域での暮らしから次世代サービスを生み出す場を共につくろう!

日野リビングラボとは、「地域での暮らしから次世代のサービスを生み出す場を共に創ろう!」をテーマに、さまざまな日頃の生活で感じる困りごとを、市民や企業、地域団体、行政などが協力して解決策を考える対話の場です。
所属や立場ではなく、「私」を起点にどんなニーズがあるのか、行動できるのかを参加者同士で学びあい、発見していきます。

リビングラボに行ってみよう!(開催のご案内)

2月18日リビングラボチラシの画像イメージ
基調講演は「としまF1会議」などでもご活躍されている立教大の萩原先生

2月18日(火曜日)開催! これからの共助社会のパートナーシップについて、事例を基に考えよう!

地域でのつながりの大切さが言われ続けている一方で、孤立・コミュニティの弱体も進んでいます。
人々のライフスタイルが変化する中、地域の助け合いの形も変わる必要があります。

日野市では、20年以上の実績あるファミリーサポートの良さを活かしながら、オンラインで依頼者と提供者が直接やりとりしながら助け合いを進めるSNS「トクイのカケハシ」を活用した仕組みづくりに挑んでいます。

本シンポジウムでは、立教大学の荻原なつ子先生から、つながりや助け合い、参加型の課題解決には何が必要なのかをお話いただいた上で、日野市の経験を基に、現代における相互援助活動のあり方、次の展開をみなさんで考えていきます。

日時 2020年2月18日(火曜日) 午後2時00分から午後4時30分
場所 日野市多摩平の森産業連携センターPlanT(プラント)
テーマ 「ライフスタイルが多様化する時代の相互援助活動のカタチ」

主催:日野市 協力:NPO法人市民サポートセンター日野、KDDI株式会社
※平成31年度 総務省「シェアリングエコノミー活用推進事業」関連事業

スケジュールとゲスト
1.基調講演「ライフスタイルの変化に応じた互助の仕組みづくり」

荻原 なつ子教授(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)

2.報告「日野市ファミリーサポート事業のSNS導入の実践から」

・スマホ時代の市民の相互援助活動への挑戦
 土屋 和子さん(日野市ファミリー・サポート・センター事務局長)
・地域の互助サポート・システム「トクイのカケハシ」共創への挑戦
 青山 大起さん(KDDI株式会社 パーソナル事業本部)

3.ワークショップ「助け合いが地域に広がるには?」

ファシリテーター 広石 拓司さん(株式会社エンパブリック代表)
コメント 荻原 なつ子教授

お申込み方法

  1. メール senryaku@city.hino.lg.jp まで「お名前・ご所属・連絡先」をご記載ください
  2. 電話 日野市企画部企画経営課 鈴木 電話042-514-8038(受付午前8時30分-午後5時00分)までご連絡ください

これまでの開催記録

以下の「アーカイブ」からご覧ください。

登壇者ご紹介

萩原 なつ子氏

基調講演

萩原 なつ子/Hagiwara Natsuko

立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授
日本NPOセンター代表理事

東京都豊島区で、女性にやさしいまちづくりをめざす「としま100人女子会」「としまF1会議」の仕掛け人として活躍するなど、地域のきずなを育てる知恵、市民力を活かしたまちづくりの第一人者。

著書に「市民力による知の創造と発展」。専門は環境社会学、ジェンダー論、開発社会学、非営利活動論等。

「市民/企業がもっと対話をしやすくなる!」リビングラボガイドブックを発行しました。

リビングラボガイドブックの表紙

日野リビングラボで得た知見を元に、もっと対話がしやすくなる参加の手引き(ガイドブック)を作成しました。
「興味はあるけれど…。」という方、「どのように対話したらいいの?」という企業や専門機関の方、ぜひご覧ください。(ページ下部の添付ファイルからダウンロードできます。)

『日野リビングラボガイド』
発行:2019年3月 編集:株式会社エンパブリック
発行・お問い合わせ先:日野市企画経営課 戦略係

アーカイブ(過去の開催記録)

2018年実施分

  • 多摩平プレリビングラボ
  • 日野市生活課題産業化シンポジウム「社会課題を解決するリビングラボの可能性」

20118年の様子

2019年実施分

  • 暮らしの夢セッション(1月19日、2月3日、3月3日)
  • モビリティリビングラボ(4月20日)
  • 暮らしの夢セッション×シェアリングエコノミー(6月29日)
  • 暮らしの夢セッション中間報告会&交流会(11月21日午前の会、午後の会)

2019年の様子

2019年の様子

2020年実施分

  • イベント地域でマルチにはたらく、くらす展(1月12日)
    日野リビングラボ・多摩市若者会議の連携イベント。複業研究家の西村創一朗さんをメインゲストに日野市と多摩市で活動されている方のお話しを参考に複業やマルチな働き方、暮らし方を考えていきました。

2020年の様子

2020年の様子
2020年1月に開催されたリビングラボには日野市・多摩市の枠を超え、60人以上の方が参加されました。

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のホームページ(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

企画部 企画経営課
直通電話:政策調整係 042-514-8047 戦略係 042-514-8038 経営係 042-514-8069
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-581-2516
〒191-8686
東京都日野市神明1丁目12番地の1 日野市役所4階
企画部企画経営課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。