PlanTビジネスデザインスクール

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1011824  更新日 令和1年5月17日

印刷 大きな文字で印刷

PlanTビジネスデザインスクール

顧客を深く理解し、顧客価値を高めるビジネス・デザインの技法

起業した人、事業をする人は、誰もが「もっと自分の商品・サービスを売りたい」と考えています。
「もっと売るには?」を考えるとき、「どのような商品・サービスをどう提供したらいいのか」と考えがちです。しかし、近年のビジネスでは、顧客が暮らしや仕事の中で商品・サービスをどう使い、どのように感じるのか、「顧客の体験」をデザインしたものが成功しています。
わかっているようで、実はよく理解できていない「顧客ニーズ」とは何か?
お客様が商品・サービスに高い価値を感じ、購入しようと思っていただくには、どうじたらいいのか?
顧客を深く理解し、顧客価値を高めるデザインの考え方、進め方を座学とフィールド調査の実践を通して学びます。

日時

1 令和元年7月6日(土曜日) 午前10時00分から午後12時00分まで
2 令和元年7月20日(土曜日) 午前10時00分から午後12時00分まで
3 令和元年7月27日(土曜日) 午前10時00分から午後12時00分まで

※1、2、3の全日参加をお願いいたします。
 参加が難しい場合は、事前にご相談ください。

各回内容

第1回 デザイン思考を使って、顧客ニーズを考える

事業企画では「どのような商品・サービスを提供したらいいか」を中心に考えてしまいがちです。しかし、近年の成功するビジネスでは、顧客が暮らしや仕事の中で何を感じていて、新しい商品・サービスをどう使い、どのように感じるのか「顧客の体験」がデザインされています。
デザイン思考の基礎を学んだ上で、これから始めたい事業、今の事業が、どのような顧客のどのような体験につながるのかを考えます。

第2回 顧客ニーズの理解を深め、顧客価値をデザインする

デザイン思考で考えた顧客像とニーズについて、フィールド調査で行ってきたことを踏まえて、商品・サービスに何が求められているのかを深堀りします。そこから、自分の事業にとって顧客への提供価値は何かを考えます。

第3回 2030年、自分のビジネスは?日野のミライ図は?

2030年のビジネスを成功させるため、「今」から動こう!
自分のビジネスの今から未来への道筋をピッチ(ミニ・プレゼン)で紹介し、それが実現すると、日野・多摩地域でどのような暮らしが実現するか考えよう。

対象者

創業を検討している方、創業してまもない方、ビジネスモデルを再検討したい方

講師

講師

広石 拓司 氏(株式会社エンパブリック代表)

会場

多摩平の森産業連携センター PlanT(プラント)

日野市多摩平二丁目5番地の1 クレヴィア豊田多摩平の森1階

受講料

無料

預かり保育

応相談(1歳児から未就学児)
各開催日の14日前までにご相談ください。

定員

先着20名

申し込み

下記URLの受付フォームまたは産業振興課ものづくり推進係へ電話、電子メールにて
氏名、住所、電話番号をご連絡ください。

このページに関するお問い合わせ

産業スポーツ部 産業振興課
直通電話:商工係 042-514-8437 ものづくり推進係 042-514-8442
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-583-4483
〒191-8686
東京都日野市神明1丁目12番地の1 日野市役所3階
産業スポーツ部産業振興課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。