平成28年5月23日、日野市長 大坪 冬彦と実践女子学園理事長 井原 徹が「イクボス宣言」をしました。

宣言から早一年。これからの「せいかつ(Life)」と「はたらく(Work)」について、トークセッションとパネルディスカッションを通じて考えます。

 シンポジウムチラシ画像

日野市・実践女子学園共同シンポジウム チラシ [711KB pdfファイル] 

日時

平成29年6月17日(土曜)午後1時から3時30分(開場12時30分から)

 

場所

実践女子学園 日野キャンパス 香雪記念館 大教室

※JR日野駅から徒歩12分

 

内容

前半:トークセッション「今なぜ働き方改革・イクボス宣言」
トークセッション

宮原 淳二氏((株)東レ経営研究所 ダイバーシティ&ワークライフバランス推進部長)

林田 香織氏(NPO法人ファザーリング・ジャパン理事)

 

後半:パネルディスカッション「せいかつ」と「はたらく」を考える。宣言に至るまでとその後の取組報告、そしてこれからの取組
パネリスト

大坪 冬彦(日野市長)

井原 徹(学校法人 実践女子学園理事長)

鹿嶋 敬氏(元実践女子大学教授・一般財団法人女性労働協会会長)

細江 容子氏(実践女子大学生活文化学科教授・第7期日野市男女平等推進委員会会長)

※手話通訳あり

 

対象

市民、学生、関心のある方ならどなたでも 

 

参加費

無料

 

参加申込み

申込不要・直接会場へお越しください(保育のみ事前申込)

 

保育

 1歳から未就学児 4名(先着順) 

希望者は平成29年6月7日までに、下記お問合せ先まで申込み

※申込みの際には、保護者氏名・住所・電話番号・保育希望の子どもの年齢及び性別をお知らせください

 

問合せ先

男女平等課

電話 042・584・2733※土曜・日曜日、祝日を除く午前8時30分から午後5時15分

ファックス 042・584・2748

メールdanjyo@city.hino.lg.jp