日野市・実践女子学園共同シンポジウム「ライフ・ワーク・バランスを考える 共同イクボス宣言から一年」(トークセッションとパネルディスカッション)を開催しました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1000634  更新日 平成30年2月21日

印刷 大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 生活・環境

平成29年6月17日(土曜)、平成28年5月23日に日野市長 大坪 冬彦と実践女子学園 理事長 井原 徹が共同で「イクボス宣言」を行ってから1周年を記念して、日野市と実践女子学園による共同シンポジウムを開催し、58名の方にご参加いただきました。

前半のトークセッションでは、働き方改革やイクボスの重要性について、日本と諸外国を比較したデータ(労働生産性、男性の育児・家事参加時間等)や、企業の先進事例などを用いてご説明いただきました。

後半のパネルディスカッションでは、各パネリストよりイクボス宣言後の職場・自身の変化や、現在の男女共同参画における国の動向、日野市の男女共同参画についてお話いただきました。

最後に、実践女子学園 井原理事長、大坪市長より、今後の取組への決意表明を込めてコメントをいただき、閉会となりました。

また、会場の隣ではイクボス宣言や男女共同参画に関するパネル展を実施し、日野市と実践女子学園の取組を紹介しました。


写真1:シンポジウムの様子

写真2:シンポジウムの様子


写真3:シンポジウムの様子

写真4:シンポジウムの様子

開催日

平成29年6月16日(金曜日)

開催時間

午後1時 から 午後3時30分 まで

(開場12時30分から)

開催場所

実践女子学園 日野キャンパス 香雪記念館 大教室
※JR日野駅から徒歩12分

費用

不要

無料

手話

あり

後半:パネルディスカッション「せいかつ」と「はたらく」を考える。宣言に至るまでとその後の取組報告、そしてこれからの取組

内容

前半:トークセッション「今なぜ働き方改革・イクボス宣言」
後半:パネルディスカッション「せいかつ」と「はたらく」を考える。宣言に至るまでとその後の取組報告、そしてこれからの取組

講師
前半:トークセッション「今なぜ働き方改革・イクボス宣言」
トークセッション
  • 宮原淳二氏(株式会社東レ経営研究所 ダイバーシティ&ワークライフバランス推進部長)
  • 林田香織氏(NPO法人ファザーリング・ジャパン理事)
後半:パネルディスカッション「せいかつ」と「はたらく」を考える。宣言に至るまでとその後の取組報告、そしてこれからの取組
パネリスト
  • 大坪冬彦(日野市長)
  • 井原徹(学校法人 実践女子学園理事長)
  • 鹿嶋敬氏(元実践女子大学教授・一般財団法人女性労働協会会長)
  • 細江容子氏(実践女子大学生活文化学科教授・第7期日野市男女平等推進委員会会長)
※手話通訳あり
対象
市民、学生、関心のある方ならどなたでも
問い合わせ
男女平等課
電話:042-584-2733
※土曜・日曜日、祝日を除く午前8時30分から午後5時15分
ファクス:042-584-2748
Eメール:danjyo@city.hino.lg.jp

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のホームページ(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

企画部 男女平等課
直通電話:042-584-2733
ファクス:042-584-2748
〒191-0062
東京都日野市多摩平2丁目9番地 男女平等推進センター
企画部男女平等課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。