日野市役所管理職職員がイクボス行動宣言をしました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1003331  更新日 平成30年2月21日

印刷 大きな文字で印刷

日野市長のイクボス宣言の内容を推進するため、管理職がイクボスの必要性やそのあり方について理解を深め、自らもイクボスとして行動してもらえるよう、共同で宣言した実践女子学園との共同開催にて「イクボス管理職研修」を実施しました。
研修終了後には、研修で学んだイクボスの特性等を踏まえ、管理職一人一人が名刺大の『管理職職員イクボス行動宣言』カードに自らの行動宣言を記入し、今後の各職場におけるワーク・ライフ・バランス推進に一歩踏み出しました。

ここでは、市幹部職員のイクボス行動宣言を紹介いたします。

  • 副市長 荻原弘次 職員のイクボス宣言が実現できるよう支援します(課題の改善も含め)
  • 教育長 米田裕治 人としてやらなければならないことは休みを取ってきちんとやる。このことが可能となるよう一人一人の職務能力を向上させるとともに職場のコミュニケーション環境をつくる。
  • 議会事務局長 山田二郎 ワーク・ライフ・バランスを尊重し、働き易い職場環境を整えます。
  • 地域戦略室長 渡邊博朗 会議8分の1改革:時間2分の1、人数2分の1、資料2分の1
  • 企画部長 大島康二 応援します◇部下がパートナーを持ち子どもを育てること【指標として】日野市役所の仕事の流儀を変えていくことを目的に男性職員の
    1. 介添休暇・育児参加休暇100%取得
    2. 育児休業取得
  • 企画部参事 小平裕明 私の課では、他部署との連絡調整は原則、定時内に済ませます。
  • 総務部長 篠崎忠士 アニバーサリー休暇の取得を促すため、有給休暇(5日以上)の年間取得計画を職場内で共有し、円滑な取得を目指す。
  • 総務部参事 立川智 私は、職員にアニバーサリー休暇の取得を促し、年間5日を目標に年休の計画を立てさせるよう指導いたします。
  • 総務部参事 安井弘之 職員に記念日等における取得を促すため、最低5日以上の有給休暇の年間取得計画を職場内で共有し、円滑な取得を目指す。
  • 市民部長 古川和子 私の部では、月に1回の管理職ミーティングを実施します。
  • 環境共生部長 小笠俊樹 年休取得を促します。時間外勤務の縮減に努めます。男女問わず育児休暇の取得を促します。代休の取得100%を行います。率先して、親近者の介護を行います。介護・育児休暇の取得を促します。月1回は家族サービスデーを設けます。職場のコミュニケーションづくりに努めます。職場から病休者・退職者を出しません。
  • クリーンセンター長 福田博保 朝礼時に各課全員が集まってラジオ体操をしてコミュニケーションを高めます。
    • 率先して近親者の介護を行います。
    • 年休取得を促します。
  • 総務部付参事 高野賢司 私の職場では、内部会議は1時間以内とします。
  • まちづくり部長 宮田守
    1. 私の職場では、有給休暇(最低10日)の円滑な取得を目指します。
    2. 私の職場では、毎朝のミーティングで当日の業務終了時間を共有し、調整の上、定時内退庁に努めます。
  • 産業スポーツ部長 田村満 自ら育ボスとしてワークライフバランスを実践し、楽しい人生を送ることを目指します。
  • 産業スポーツ部参事 高橋真二 私は、振替休暇と有給休暇の取得を促します。
  • 健康福祉部長 赤久保洋司 『残業時間を前年度比1割減らすように働きかけます』(働きかけ内容)
    1. 職員個々が具体的にノー残業デーを設定
    2. 職員個々が終業時間を設定
  • 発達・教育支援センター長 志村理恵 ノー残業デー(月曜・水曜・金曜日)は、午後7時までに全職員が帰るようにします。
  • 子ども部長 小塩茂 私は、育児休暇や介護休暇がしっかり取れる職場のチームワークを高めます。振替休暇と有給休暇の取得も促します。
  • 会計管理者 真島均 有給消化率80%を目指す!
  • 教育部長 岡野仁 部長朝礼で年休、夏休、振休の取得を考慮した計画的なスケジュール設定について、月に1回話をします。
  • 教育部参事 金子龍一 私は職員にアニバーサリー休暇(記念日等)の取得を促すため、有給休暇(最低5日以上)の年間取得計画を職場内で共有し、円滑な取得を目指します。また見える化や情報共有を進め、休みやすい環境の整備を図ります。
  • 市立病院事務部事務長 村田哲也 私は、家族との時間を大切にしてもらうために、振替休暇と有給休暇の取得を促します。
  • 市立病院事務部事務次長 日原仁 自分の考え方や働き方を押し付けない。

平成29年6月現在

このページに関するお問い合わせ

企画部 男女平等課
直通電話:042-584-2733
ファクス:042-584-2748
〒191-0062
東京都日野市多摩平2丁目9番地 男女平等推進センター
企画部男女平等課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。