土砂災害ハザードマップ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページID1010122  更新日 平成30年9月12日

印刷 大きな文字で印刷

土砂災害ハザードマップを作成しました

土砂災害警戒区域、特別警戒区域の指定

平成30年3月15日 東京都が日野市市域の「土砂災害警戒区域」と、「土砂災害特別警戒区域」を指定しました。

土砂災害警戒区域(イエローゾーン)

急傾斜地の崩壊や土石流等が発生した場合に、皆さんの生命又は身体に危害が生ずる恐れがあると認められる区域

465箇所 (急傾斜地の崩壊、450箇所、土石流15箇所)

土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)

急傾斜地の崩壊や土石流等が発生した場合に、建築物に損壊が生じ、皆さんの生命又は身体に著しい危害が生ずる恐れがあると認められる区域

388箇所 (急傾斜地の崩壊、381箇所、土石流7箇所)

土砂災害ハザードマップ

土砂災害ハザードマップは、それぞれの指定区域と土砂災害時の避難場所等について地図上に示したもので、市全域については下記のマップで確認できます。

日野市では、市内の土砂災害警戒区域等がある該当地区を8分割し、地区別に8種類の「土砂災害ハザードマップ」を作成しました。平成30年9月に該当地区にあたる各世帯に配布します。

表面は、「土砂災害に備えて」と題し、土砂災害警戒区域等の説明、避難情報の種類と取るべき避難行動、情報の伝達・入手方法などをお知らせしています。その裏面に各地区の航空写真に土砂災害警戒区域等を表示した地図を掲載しています。

※土砂災害警戒区域等がない地区は土砂災害ハザードマップを作成していませんので、今回配布は行いません。

【配布しない地域】

日野台(3~5丁目)、旭が丘(2~6丁目)、新井、西平山、万願寺、石田、日野(中央高速から多摩川側)

土砂災害に備えて

土砂災害は、突発的に発生することが多く、発生場所や時刻を正確に予測することが難しい災害です。この土砂災害ハザードマップで、お住いが警戒区域等に該当するかどうか確認し、土砂災害が発生するおそれが生じたときに避難する避難所や安全に避難できる経路をあらかじめ考えておきましょう。また、市からの避難情報等を確実に得られるように留意し、いざというときにすぐに避難できるようにしておきましょう。

Adobe Readerのご案内

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のホームページ(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

プリントサービスのご案内

ご自宅にプリンタなどの印刷機器をお持ちでない方は、お近くのコンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して申請書等を印刷することができます。詳細はプリントサービスのご案内ページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 防災安全課
直通電話:防災係 042-514-8962 安全安心係 042-514-8963
代表電話:042-585-1111
ファクス:042-587-5666
〒191-0016
東京都日野市神明1丁目11番地の16 防災情報センター1階
総務部防災安全課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。